ミキハウス子育て総研と『マイナビウエディング』、「ウェルカムベビーの結婚式場」認定事業において協力を開始

PR TIMES / 2014年4月1日 11時47分

“子育て支援”の民間シンクタンク・ミキハウス子育て総研株式会社(本社:大阪府八尾市、代表取締役社長:藤田洋)と、株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する結婚式情報サイト『マイナビウエディング』(http://wedding.mynavi.jp)は、ミキハウス子育て総研が行う「ウェルカムベビーの結婚式場」認定評価事業において、このたび協力・連携をいたします。今後、結婚式場への本認定評価制度の案内・告知業務に『マイナビウエディング』が協力し、今秋までに新たに関東圏で50施設の認定を目指します。



「ウェルカムベビーの結婚式場」認定評価事業は、乳幼児の受け入れ態勢が整っている結婚式場・披露宴会場を、独自に設定した50項目(※)を基準に認定するものです。2012年12月にスタートし、2014年4月1日時点で7施設が認定を受けました。

(※)授乳やおむつ替えのサポート、お昼寝や退屈対策、子ども用の食事や席の配置、接客、マネジメント体制など


昨今、「ナシ婚層」への訴求策として、結婚式場がマタニティウエディングや子連れ婚・パパママ婚など、いわゆる“エンジェルウエディング”専用のプランを設置したり、乳幼児連れの参列者を安心して呼べるような設備を整えたりと、取り組みに力を入れています。そのため、“子ども連れに優しい施設”をPRしたいという式場のニーズは高まっています。


今後は、式場の評価・認定はこれまで通りミキハウス子育て総研が実施しますが、結婚式場への本認定評価制度の案内・告知を、ミキハウス子育て総研と『マイナビウエディング』が協力して行い、今秋までに新たに関東圏で50施設の認定を目指します。また、『マイナビウエディング』では、「ウェルカムベビーの結婚式場」を検索できる機能の搭載や、ミキハウス子育て総研が運営する育児・子育て支援サイト『ハッピー・ノート.com』とのサイト連携などを予定しています。


■ミキハウス子育て総研について
ミキハウス子育て総研は“子育て”と子どもが生まれて始まる“家族の暮らし”を良質な情報を提供することで応援し、子育てファミリーの“社会における居心地”をより良くしていくことを事業目的としています。子育て応援サイト「ハッピー・ノート.com」の運営、子育てファミリー向け情報誌「Happy-Note」発行のほか、「子育てにやさしい住まいと環境」、「ウェルカムベビーのお宿」、「ウェルカムベビーの結婚式場」などの認定事業を展開しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング