電子サイコロにより、ボードゲームやテーブル・ゲームがエレクトロニクス時代に突入

PR TIMES / 2014年3月12日 10時26分

STマイクロエレクトロニクスのモーション検知、データ処理、パワー・マネージメント技術が電子サイコロの実現に貢献



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)とGame Technologies S.A.
は、DICE+に採用されているSTの技術の詳細を発表しました。革新的なDICE+に
より、ユーザはお気に入りのボードゲームのデジタル版を楽しむことができると
同時に、従来のサイコロを振る楽しみや興奮も体験することができます。

ボードゲームは5000年以上(1)にもわたって人類の文化の一部となってきました
が、30年前のテレビ・ゲームやPCゲームという新しいゲームの登場以来、その
人気は衰退してきました。しかし今日、ボードゲームの人気は回復基調にあり(2)、
その背景には、かつてボードゲームの脅威であった電子技術があります。実際に
触れることのできる従来のボードと駒は、スマートフォンやタブレット、または
テレビに至る様々なスクリーン上に表示されるボードや駒に徐々に置き換えられる
ようになりました。

古代よりボードゲームは戦略と運の要素を併せもったゲーム(3)が多くありまし
たが、中でも運の要素を取り入れた手法で最もよく知られているのは「サイコロ
を振る」という動作です。しかしながら、電子機器で1から6までのランダムな数
の生成は非常に簡単な作業なため、テレビ・ゲームやPCゲームでサイコロは
不必要です。

Game Technologiesは、STの最先端のモーション検知、データ処理およびパワー・
マネージメント技術を採用したスマートな電子サイコロ DICE+を開発しました。
プレーヤは従来のサイコロの場合と同じように、DICE+を手に持ってから振り
ます。結果はサイコロ自体に表示されるため、簡単に確認することができます。
同時に、サイコロを振った結果はゲームをホストしているモバイル機器に無線で
送信されるため、入力が不要です。また、DICE+は適切に振られたかどうかを
判断しており、望みどおりの結果を出すために、自分の意図した位置で持ち、
静かに振ったとしても動作しないため、不正行為を防ぐことができます。

DICE+は、モーション・センサと内蔵演算用ブレインにより、サイコロの回転数
を計算し、正しく振られたかどうかを判断します。オン・オフのスイッチはなく、
放置すると休止状態に入り、動かすと起動します。DICE+のこれらの動作は、
動きと方向の検出・測定を行う小型センサ、人類初の宇宙探査が行われた時より
も数千倍も高性能になったマイクロコンピュータ、およびサイコロ内部の電力の
流れをモニタ・制御する高度なチップにより実現されています。これらの技術は
すべてSTが提供しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング