1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

サステナブルブランド「ECOALF」コーヒーかすを原料とした機能性ジャケット「KATMANDU(カトマンドゥ) マルチジャケット」第二弾発売

PR TIMES / 2021年10月15日 9時15分

~ 継続的な「環境保全」と「サステナブルファッションを伝える」ことを目的としたプロダクト~



[画像1: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-996b980f9b69b3459369-1.jpg ]


三陽商会が2020年3月より日本での展開をスタートさせたヨーロッパ発のサステナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」は、コーヒー豆のかすを生地の原料として再利用した「KATMANDU(カトマンドゥ) マルチジャケット」の第二弾を、「ECOALF」店舗及びECサイトにて9月下旬より発売を開始しています。
「KATMANDU マルチジャケット」は、ブランドが掲げるメッセージの1つ「Waste is only waste if you waste it(ゴミは無駄にするからムダになる)」を象徴するプロダクトで、1着に約40杯分のコーヒーかすを原料として使用したジャケットです。はっ水性と耐水性を備えているので、日常使いはもちろんアウトドアシーンにも適しており、取り外しが出来る中わたのインナージャケットは単体での着用が可能なため、1着で3通りの着こなしが楽しめます。
飲料の原料であるコーヒー豆のかすを使用していることから、2020年9月に第一弾を発売したことをきっかけに衣・食分野を横断した企業コラボレーション「UPCYCLE B(アップサイクル ビー)」プロジェクトが発足しました。今後も継続的な「環境保全」と「サステナブルファッションを伝える」ことを目的に、昨年9月の第一弾に続き、第二弾を発売することとしました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-088f398f96a0f96adcb9-3.jpg ]




開発の背景

「ECOALF」は、すべてのアイテムを再生素材や環境負荷の低い天然素材のみで製造し販売するヨーロッパ発のサステナブルファッションブランドです。ファッション産業が世界の天然資源を大量に使い続ける中で、ペットボトル、タイヤ、漁網などを独自の技術でリサイクルしてこれまで300種類以上もの生地を開発し、新たな製品をつくり出しています。また、海洋ゴミを回収・分別・再生し、製品としての新たな命を与えるプロジェクト「UPCYCLING THE OCEANS(UTO)」(アップサイクリング ジ オーシャンズ)を推進するなど、”地球環境を守るために服をつくる“という新しい発想のエコサイクル型ファッションブランドです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-c3d5ffe14714392d40df-8.jpg ]

~ 継続的な「環境保全」と「サステナブルファッションを伝えること」を目的に第二弾を開発 ~
「KATMANDU マルチジャケット」の原料に使用したコーヒー豆のかすは脱臭剤として広く活用されているように、他の匂いの消臭効果や速乾性が期待される素材です。「ECOALF」ではその効果に着目し、廃棄されるコーヒー豆のかすを圧搾・圧縮してペレット状(かたまり)にし、リサイクルポリエステルと混合することで衣服に再利用できる素材を開発しました。「KATMANDU マルチジャケット」が飲料の原料であるコーヒー豆のかすを使用していることから、2020年9月に第一弾を発売したことをきっかけに飲料や食品を製造・販売するアサヒグループホールディングス株式会社と共に、次世代に向けたサステナブルなライフスタイルを提案する「UPCYCLE B (アップサイクル ビー)」プロジェクト(※1)を発足し、衣・食分野を横断したコラボレーションが実現しました。本来廃棄されるはずのものを原材料に活用することで、天然資源の使用減少を図る「ECOALF」の取り組みを今後も広めていくことと、継続的な「環境保全」と「サステナブルファッションを伝える」ことを目的に、第二弾を発売することとしました。

(※1)「UPCYCLE B(アップサイクル ビー)」プロジェクト:「UPCYCLE B」プロジェクトとは、人々が環境問題と向き合うためにアサヒグループホールディングス株式会社と「ECOALF」が協業して取り組んでいる啓蒙活動です。プロジェクトの第一弾では、廃棄コーヒー豆のアップサイクルをテーマに廃棄物の削減・有効活用の推進を目的としたコーヒークラフト「蔵前BLACK」(ビール風味飲料)を製造するなど、衣・食分野におけるサステナブルなライフスタイルを提案しています。


ECOALF 「KATMANDU マルチジャケット」 について

本来廃棄されるコーヒー豆のかすを洋服の生地に再利用することで、ブランドが掲げるメッセージの1つ「Waste is only waste if you waste it(ゴミは無駄にするからムダになる)」を表現した、代表的なプロダクトです。第二弾となる今回は、袖の仕様をラグランスリーブからセットインスリーブに変更したことですっきりとしたシルエットとなり、より日常使いしやすいデザインにアップデートしました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-09489538c17bd671dbc1-0.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-08dd91a9c9146c90c1dd-5.jpg ]

商品のポイント
<コーヒーかすを有効活用>
コーヒー豆のかすを生地の原料として再利用。1着あたり約40杯分のコーヒーかすが含まれています。廃棄されるはずのものを原材料に加えることで天然資源の使用減少を図った、環境保全とサステナブルファッションを伝えることを目的につくられたジャケット。背裏には“地球環境を無視した自然資源の活用をしない。”と英語で記したブラントからのメッセージを伝えています。

<3WAY>
取り外しが出来る中わたのインナー


ジャケットは単体での着用が可能。1着で3通りの着こなしが楽しめるだけでなく、1年を通して活躍するシーンが多く、サステナブルファッションブランド「ECOALF」を代表するアイテムです。

< 雨の日やアウトドアにも適した機能性 >
はっ水性と耐水性を兼ね揃えており、雨の日やアウトドアでの着用にも適しています。家庭での洗濯が可能。


[画像6: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-ec0f026871ab6f92ed98-7.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-3038ff6626511623ce81-4.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-eb0033ce17a649771c4f-6.jpg ]




商品概要


[表: https://prtimes.jp/data/corp/9154/table/482_1_82ae92f10dae8929c4c9f96123f06433.jpg ]




ブランド「エコアルフ」について


[画像9: https://prtimes.jp/i/9154/482/resize/d9154-482-63df83867e60151963b2-2.jpg ]

コンセプト: スペイン生まれのサステナブルファッションブランド。ブランド自らが海のゴミを収集してウエアをつくるなど「地球環境を守るために服をつくる」新しい発想のブランド。

販路: 直営店「ECOALF 二子玉川」、百貨店「ECOALF 梅田阪神」(2021年10月8日オープン予定)、EC

ブランド開始年度:スペイン 2009年ブランド設立(スペイン ECOALF社)日本 2020年3月より展開 (三陽商会)
「ECOALF」日本公式WEBサイト  https://ecoalf.jp/
SNS
■Instagram   https://www.instagram.com/ecoalf_japan
■twitter  https://twitter.com/ecoalf_japan
■Facebook   https://www.facebook.com/ecoalfjapan/

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング