語学のアルクと日経Bizアカデミーが初コラボレーション! 「中国語&中国ビジネス事情講座」を開講

PR TIMES / 2012年10月4日 11時59分



株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役会長:平本照麿、以下アルク)より、「中国語&中国ビジネス事情講座」のご案内を申し上げます。

本講座は、株式会社日本経済新聞社(東京本社:東京都千代田区大手町 代表取締役社長:喜多恒雄、以下日本経済新聞社)とアルクが共同で開発した講座で、短期間で中国出張に役立つ実践的なフレーズと、ビジネスを円滑に進めるために欠かせない中国事情やビジネスマナー、商習慣を会得できるよう構成されています。

<「シゴトに使える!中国語&中国ビジネス事情」講座は、こんなニーズにお応えします!>
◆短期間で実際に「話せる」「使える」中国語を身に付けたい
◆忙しい中で、いつでも、どこでも学習できる教材がほしい
◆生の発音を聞きたい。ネイティブ講師との会話を体験したい
◆中国人の考え方、価値観、行動様式などを学びたい
◆最新の中国ビジネスの状況を把握しておきたい など

【講座内容】
◎アルクが開発した実践的な中国語通信教材
「シゴトの中国語速習パック」3カ月コース

◎通信教材のテキスト執筆者が直接ワークショップで
毎月1回3時間(合計540分)の充実したリアル講座を実施

◎日本経済新聞社記者が最新の中国ビジネスの状況を直接レクチャー


【受講対象者】基本的に中国語の学習経験がない人
【商品構成】
(1)通信教材「シゴトの中国語 速習パック」
(2)ワークショップ3回(会場は東京・大手町の日本経済新聞社本社)
(3)受講者限定メールマガジン12回配信
【受講期間】2012年11月1日~2013年1月31日
【受講定員】50人 ※申込人数が最少人員に達しない場合は、開催を中止させていただく場合があります。
【講座開設キャンペーン価格】58,000円(消費税込) 
【WEBサイト】http://www.nikkei-nbs.com/nbs/nikkei-chinese/index.html

<通信教材「シゴトの中国語 速習パック」の特徴>

・1日20分! 忙しいビジネスパーソンでも取り組みやすい
本講座は、1日の学習時間20分で、現地で必要となるビジネスマナー、
語彙・フレーズ、さらに発音までを短期間で習得できるよう、構成されています。

・出張・駐在経験者300名の声をもとに、中国出張で遭遇する場面を網羅的に再現
本教材の開発にあたり、中国への出張・駐在経験者、中国でビジネスをしようと考えている方300名にアンケートを実施。このアンケートをもとに、中国出張で遭遇する場面を、テキストで網羅的に再現しました。対中ビジネスの経験者だからこそわかる声を集めることで、ビジネスに欠かすことのできない即効性を実現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング