ウェアラブル機器向け製品ポートフォリオで市場におけるリーダーシップを強化

PR TIMES / 2014年3月14日 9時54分

アナログおよびミックスド・シグナル製品でウェアラブル機器向け製品ラインアップが完成



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、急成長中のウェアラブル
機器向けに、アナログおよびミックスド・シグナル製品のポートフォリオを発表
しました。これによりSTは、革新的なウェアラブル機器開発の要素となる、
電流センサ、オーディオ・アンプ、オペアンプ、アナログ・スイッチ、バッテリ・
ガス・ゲージなどの業界で最も包括的な製品ポートフォリオを提供します。

ウェアラブル機器は、心臓遠隔モニタなどの新しいヘルスケア分野から、
スマート・ファッション・アクセサリなどのコンスーマ分野までの市場において、
存在感を高めています。調査会社であるStrategy Analytics社によると、
これらのアプリケーションは将来にわたって幅広く普及し、2017年までに
70%以上の成長が見込まれています。

STのアナログ・オーディオ・システム事業部 ジェネラル・マネージャである
Andrea Onettiは、次の様にコメントしています。「業界をリードする
モーション・センサおよび環境センサ(1)とウェアラブル・アプリケーションに
おける広範な実績(*)、新しい超低消費電力マイクロコントローラ(2)、および
受賞暦(3)のあるBlueNRG Bluetooth(R) Smart無線接続ソリューションに、
アナログおよびミックスド・シグナル製品を加えることで包括的な
プラットフォームが完成し、STは革新的なウェアラブル機器を開発するお客様
から選ばれるワンストップ・サプライヤとなります。」

例えば、ウェアラブル機器に最適なST製品には、シングル / デュアル /
クアッド・オペアンプが含まれています。低消費電力クアッド・オペアンプ
であるOA4NP33は、チャネル当たりわずか580nA(標準値)の超低消費電力
(1.8V電源)を実現しており、バッテリ駆動のウェアラブル機器における
センサ信号コンディショニングなどに最適です。また、バッテリ・ガス・ゲージ
であるGG25Lは、特許取得済みアルゴリズム OptimGauge(TM)を使用し、バッテリ
電圧を0.25%の精度でモニタします。

さらに、STの豊富なモーション・センサ・ポートフォリオには、超低消費電力の
デジタル3軸加速度センサLIS2DH12や、高性能な超小型電子コンパス・
モジュールとして高く評価されている(4) LSM303Cが含まれています。その他、
STのダイナミックNFC / RFIDタグ M24SRは、ワイヤレス・ペアリング、
ウェブサイトへの自動接続および保証書のアクティベーションといった、便利な
NFC機能をウェアラブル機器に追加します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング