円谷プロダクション創立50周年記念!魅惑のサブタイトルTシャツシリーズスタート!

PR TIMES / 2013年4月15日 11時36分



バンダイ公式オンラインショッピングサイト「プレミアムバンダイ」(http://p-bandai.jp/?rt=pr)では、1963年に円谷特技プロダクションとして発足した円谷プロダクションの創立50周年を記念して、「魅惑のサブタイトルTシャツシリーズ」のご予約受付を2013年4月15日(月)12時より開始いたします(http://p-bandai.jp/fashion-net/c0003/c000303/?rt=pr)。

本シリーズでは、「円谷プロ」初期作品群の魅力のひとつであるオシャレでスパイスの利いた“サブタイトル”そのものをデザインとしてあしらったTシャツを展開いたします。第1弾のデザインは、人気の『ウルトラマン』より第2話「侵略者を撃て」、『ウルトラセブン』より第42話「ノンマルトの使者」となっております。また、6月以降も傑作サブタイトルが順次リリース予定となっております。

■「侵略者を撃て」Tシャツ
オープニング冒頭に表示される「侵略者を撃て」のサブタイトルロゴをベースに、近未来的なモニターを通して、これから開幕するSFワンダーワールドへの期待値を膨らませるイメージでデザインしました。加えて本エピソードは、ウルトラマン最大のライバルにして名キャラクター、バルタン星人のデビュー作でもあります。

■「ノンマルトの使者」Tシャツ
特撮ヒーローというジャンルのみならず、本邦SFテレビドラマの金字塔との呼び声も高い『ウルトラセブン』。その評価を決めた「ノンマルトの使者」は、SFのフィルターを通して、被害者も時として加害者になり得るという、戦争に内在する戦慄の真実を我々視聴者に突き付けた『ウルトラセブン』中の傑作の1本です。バックのデザインは海洋先住民族である、本エピソードの真の主人公にして悲劇の民族「ノンマルト」がひっそりと暮らしていた遥か海の底をイメージしています。

■円谷プロとは
1966年放送の『ウルトラQ』にて自社完全オリジナルコンテンツを立ち上げて以来50年、“特撮”というジャンルにおいて、常に他の追随を許さぬ作品を創造し、我が国の特撮映像をリードし続けてきた、本邦特撮コンテンツのパイオニア。『ウルトラQ』の「2020年の挑戦」や「ガラダマ」、「火星からの贈りもの」など、タイトルを聞いただけでSFマインドに溢れたその世界観への期待値が上がるような“サブタイトル”も、作品の魅力のひとつとして語りぐさになっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング