ジェームス・イハ、14年ぶりのソロ・アルバム『Look To The Sky』詳細発表!日本のファンへのメッセージも到着!

PR TIMES / 2012年2月9日 19時11分



1998年にソロ・デビュー・アルバム『Let It Come Down』をリリースし、日本でもシンガーソングライターとして不動の人気を築いたジェームス・イハ。
そんなイハが、前作より14年ぶり、ファンなら誰しも待ち焦がれたセカンド・アルバムのタイトルが、『Look To The Sky』(ルック・トゥ・ザ・スカイ)(3月14日発売)であることを発表しました。

タイトルには、アルバム全体のドラマティックな雰囲気を表した古い映画や小説に出てくるような響きを大切にしながら、”何かがやって来る 空を見上げよ“のような意が込められているという(「その「何か」とは天気かもしれないし、敵軍かもしれない」)、期待せずにはいられないタイトルです。なお、アルバムにはカレンO/ニック・ジナー(ヤー・ヤー・ヤーズ)やニーナ・パーション(カーディガンズ)らイハの親しい友人らも参加しているそうです。

また、イハは、アルバムのリリースに先駆けて、2012年2月19日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催されるEMI ROCKS 2012にも初の海外アーティストとして出演。当日はアコースティック・セットでライヴを披露する。ライブ会場では、EMI ROCKS会場限定販売となるジェームス・イハ・オフィシャルTシャツも発売されるので、要チェックです。

さらに、1998年にリリースされたファンの間でも「不朽の名作」と名高いソロ・デビュー・アルバム『Let It Come Down』が、James Iha監修により新たにリマスタリングされ、当時の国内盤(ボーナス・トラック1曲)に、2曲のボーナス・トラックを追加収録し、蘇る形で2012年2月15日にリリースします。待ち続けた14年を思えば、本当に短い1カ月余りですが、セカンド・アルバムが発売されるまではもう少し、まずは、このリマスタリング盤を聴きながら心を温めてお待ち下さい。

そんなジェームスからいち早く、彼らしいメッセージが日本のファンに届きました。
「こんにちは。日本のみんなが大好きだよ。君たち全員にギターを1本ずつ差し上げたい気持ちでいっぱいだ。でも、残念ながらそんな数のギターは持ってない・・・。ぜひEMI ROCKSでのライブを観に来てほしい。そしてぜひ新譜をじっくり聴いてほしいな。この新譜は愛でできているから。このアルバムを作る為に沢山タクシーに乗ったよ。ニューヨークで。」
ジェームス・イハ、14年ぶりのソロ・ワークス再始動。
乞うご期待。

■ジェームス・イハ プロフィール
1987年、シカゴでスマッシング・パンプキンズの結成時メンバーとして音楽活動開始。2000年に脱退するまでバンドの一員として10枚の作品を発表し、数百万枚のアルバム売り上げと数々のアリーナ級のワールド・ツアーを果たす。パートは主にギターだが、数曲でボーカルや作曲なども担当していた。
1998年に初のソロ・アルバム『Let It Come Down』を発表し、アコースティック・サウンドを中心に、シンガーソングライターとしてより繊細で親密な一面を見せる。同時期にレーベルScratchie Recordsを設立し、The SoundsやAlbert Hammond Jr. (The Strokes)やRobbers On High Street等の作品をリリースする。90年代後期からは活動拠点をニューヨークに移し、友人のアダム・シュレシンジャー(Fountains Of Wayne/Ivy)とアンディ・チェイス(Ivy)と共同でレコーディング・スタジオStratosphere Soundを立ち上げる。
2003年にToolやMarilyn Mansonのメンバー等も含んだプログレ・ロック・バンドA Perfect Circleに加入し、1年間ツアー・メンバーとしても活動する。その後はスタジオでの作業に集中し、カナダの「Luck」や日本の「リンダ、リンダ、リンダ」等、様々なインディー映画のサウンドトラックを手掛ける。最近では世界中の国際映画祭でも話題になっている日本映画「カケラ」の音楽も担当している。プロデューサーやリミクサーとしてはMichael Stipe、Cat Power、Morningwood、The Yeah Yeah Yeahs、Annie、Ladytron、The Sounds等、そしてギタリストとしてはWhiskeytown、Isobel Campbell、Fountains Of Wayne、Melissa Auf Der Maur、Ivy、A Camp等、数多くのアーティスト達と共同制作している。
2009年にはCheap Trickのバン・E・カルロス、Hansonのテイラー・ハンソンとアダム・シュレシンジャーと共にパワー・ポップ・バンドTinted Windowsを結成する。バンドのセルフタイトルのデビュー・アルバムにはジェームス作曲の作品も数曲含まれている。バンドはサウス・バイ・サウス・ウェストで初ライブを披露し、その後アメリカと日本でもツアーを行った。
また2011年夏には、A Perfect Circleのアメリカツアーにも参加し、話題となった。

■アルバム『Look To The Sky』
2012年3月14日発売
TOCP-71265     2,500円(税込)
日本盤のみボーナス・トラック2曲収録
日本先行発売
初回生産限定デジパック仕様
01.Make Believe
02.Summer Days
03.To Who Knows Where
04.Till Next Tuesday
05.Dream Tonight
06.Dark Star
07.Appetite
08.Gemini
09.Waves
10.Speed Of Love
11.4th Of July
12.A String Of Words
13.Diamond Eyes (ボーナス・トラック)
14.Stay Lost(ボーナス・トラック)

■『Let It Come Down』(1998年作品)
2012年2月15日発売
TOCP-11501  1,800円(税込)
01.Be Strong Now
02.Sound Of Love
03.Beauty
04.See The Sun
05.Country Girl
06.Jealousy
07.Lover, Lover
08.Silver String
09.Winter
10.One And Two
11.No One's Gonna Hurt You
12.My Advice (ボーナス・トラック)
13.Take Care (ボーナス・トラック)
14.Falling (ボーナス・トラック)

■James Iha 日本公式サイト
http://www.emimusic.jp/jamesiha/
http://www.facebook.com/jamesiha.jp

■EMI ROCKS 2012
http://emirocks.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング