教育現場のデジタル化は待ったなし! 『子どもたちは電子羊の夢を見るか?2. デジタルとオンラインで変わる明日の教育』

PR TIMES / 2013年12月27日 9時21分

デジタル教育の最前線レポート

デジタル技術とインターネットを駆使した新しい形の教育が先進国でも新興国でも急速に普及しています。
単にPCやタブレットの使い方を学ぶのではなく、論理的な思考や他者と協力して新たな創造をする力を養える教育として、グローバル化時代の激しい競争のなかで国力を維持するために必要とされているのです。
本書では、デジタルとネットワーク技術を応用した教育の最前線を紹介しながら、日本の教育現場が抱える課題を浮き彫りにし、明るい未来へと導きます。



NEWS RELEASE
2013年12月27日
株式会社ブックウォーカー

教育現場のデジタル化は待ったなし!
『子どもたちは電子羊の夢を見るか?2. デジタルとオンラインで変わる明日の教育』

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は、教育のデジタル化について日本と世界の最前線を紹介した『子どもたちは電子羊の夢を見るか?2. デジタルとオンラインで変わる明日の教育』の配信を開始しました。

■こらからの社会をつくる子どもたちに必要な教育とは?

2013年10月、子供向けにプログラミングとコンピュータサイエンスを教えるプロジェクトを、Googleの協力のもと、NPO法人CANVASがスタートしました。

Googleのエリック・シュミット会長は「これが、日本が変わる第一歩になる」と語り、CANVAS理事長の石戸奈々子氏は「このプロジェクトを通じて、論理的に考え、問題を解決し、他者と協働し、新しい価値を創造する力を養ってほしい」と、最新の著書であるカドカワ・ミニッツブック『子どもたちは電子羊の夢を見るか?2. デジタルとオンラインで変わる明日の教育』で述べています。

2010年夏にマイクロソフトのビル・ゲイツは、「これからの5年で、世界最高の講義を、ネットで、無料で受けられるようになるでしょう」と予言しました。その言葉は急速に実現され、すでに米国の一流大学の講義が大規模公開オンライン講座「MOOCs」として全世界に向けて開講されています。2013年10月には、日本でも13大学が提供する「JMOOC」が立ち上がりました。

子ども向けとしては、ヘッジファンドのマネージャーとして働いていたカーン氏が遠くに住む親戚の子どもに勉強を教えるための動画をYouTubeに公開したことをきっかけに、カーンアカデミーのサイトが始まり、今では3000本以上の動画が公開され、月間600万人が利用しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング