日本の食文化を後世に遺す「今年の一皿」 2014年は「ジビエ料理」に決定!

PR TIMES / 2014年12月4日 13時9分

■「今年の一皿」サイト  http://gri.gnavi.co.jp/dishoftheyear/
■ぐるなび総研      http://gri.gnavi.co.jp/

 食を主要テーマに様々な調査・研究を行い、その成果や提言を広く発信する株式会社ぐるなび総研(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:滝久雄 以下、ぐるなび総研)は、2014年12月4日に今年の日本の世相を映し出し象徴する「食」を『2014年 今年の一皿』として発表します。優れた日本の食文化を人々の共通の遺産として記憶に遺し、保存するために、今後毎年行なっていきます。

 この『2014年 今年の一皿』は、2014年に流行または話題となったことに加え、2014年の社会の動きと関係が深く、世相を反映しており、さらに食文化の記録として後世に受け継ぐ価値があることを基準に選定しています。株式会社ぐるなびが運営する飲食店情報サイト「ぐるなび」の月間4,200万人のユニークユーザーと、1,247万人のぐるなび会員のアンケート調査(有効回答数約1万2千件)から、今年話題となった食を複数選出し、そこから、メディア関係者(※)の審査を経て、ぐるなび総研が最終決定しました。

 選定した3つは、古くから日本人に親しまれ、日本の食文化に欠かせないものでありながら、2014年を大きな節目に時流に合わせ変化を遂げる中で、消費者に高い支持を得ている点が決定のポイントとなりました。

※ 朝日新聞 文化くらし報道部、毎日新聞 社会部、読売新聞 生活部、日本経済新聞 企業報道部、産経新聞 文化部、共同通信 文化部、日本外食新聞 (順不同)


今年の一皿
2014年の世相を反映し、優れた日本の食文化として人々の記憶に遺すべき「食」

「ジビエ料理」

【選定理由】
1. 農林水産省が6次産業化を推進する一環として、国産ジビエ(シカ、イノシシなど食用に供する野生鳥獣)の利用促進のための情報発信と資源の有効活用に向けた取組みを展開する中、今年になって、厚生労働省がそれらの狩猟から消費に至るまでの各工程において、安全性確保のための取組みに関する「野生鳥獣肉の衛生管理に関する指針」を作成したことで、ジビエ料理の提供が日本でも本格化した。
2. コンビニエンスストアやファーストフードなどの大きな流通チャネルでもシカなどが食材として使用され、急速に一般消費者の間に浸透した「ジビエ元年」。今後、更に普及してゆくであろうことを考え、新たな日本の食文化の誕生として選定。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング