こだわりの料理で大切な人をおもてなし  増税しても減らしたくない予算項目は“料理”

PR TIMES / 2014年12月18日 14時21分

~結婚式のキーワードは“少人数”“アットホーム”“堅苦しくない”~

株式会社ぐるなび(以下、ぐるなび)が運営する「ぐるなびウエディング」は、イマドキの結婚観を探る調査アンケートを実施しました。結婚式を挙げようと考えている未婚・既婚者の結婚観として、親しい人たちとともに、ゆっくりと式を楽しむことができる式へのニーズが高まってきています。また今後増税が見込まれる中、結婚を考える人達のゆずれないポイントを探りました。



【調査概要】
■調査日:2014年11月14日 ~ 2014年11月17日
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:20~39歳の男女  2570名(ぐるなび会員)
■抽出条件
・「未婚者で、パートナーがおり結婚を考えている人」
または、「既婚者で、結婚5年以内であり結婚式を挙げていない人」(n=473)
・結婚式にゲストで参加したことがある人(n=1765)


1 結婚式、増税前の駆け込み需要はあるのか!?実は8割が意識していない!?


結婚式を挙げる予定について、「既に結婚式の予定が決まっている」「現在、結婚式の会場を探している」「現在、予定はないが、いつか結婚式を挙げたい」と答えた方へ、消費税10%の増税による実施時期の検討を伺ったところ、「特に意識していない」(87.7%)、「早まる/早まりそうである」(12.3%)という結果となり、増税による駆け込み需要は今のところ現れていませんでした。


2 【新郎新婦】増税しても諦めたくない!結婚式での重要項目は料理!!


新郎新婦が結婚式を実施する際に、消費税10%の増税があったとしても費用を抑えたくないものとして20代女性(52.7%)、30代女性(53.3%)、 30代男性(31.2%)で「料理・飲料」がそれぞれ1位に選ばれています。20代男性では「新婦の衣装」(24.1%)が最も多く、新婦を気遣う優しい一面が現れています。


3 やはり気を抜けない!参加するゲストの楽しみは断トツでお料理なんです!!


ゲストが結婚式に参加する際に楽しみにしていることとしては全年代を通して「料理の質」が1位となりました。


4 料理へのこだわりは個別対応と見た目にわかりやすさが重要!


新郎・新婦はコース内での料理差し替え、個別対応など、ひとりひとりのゲストに応じたおもてなしを重視する一方、招待されるゲストはドリンク充実、デザートビュッフェ、高級食材など、見た目にも豪華で分かりやすいおもてなしを求めていることが分かりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング