パーソルグループ 一般公開無料オンラインカンファレンスを開催3/8(月) 国際女性デー「女性×はたらく×健康」を考える元オリンピック日本代表 鈴木明子さん、ジャーナリスト 浜田敬子さんなど登壇

PR TIMES / 2021年3月2日 18時45分

~約4万人対象の社員限定イベントを同日開催し、社内外のDI&E推進に貢献~

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:水田 正道、)は、はたらき方やはたらく価値観が多様化する今、あらゆるはたらく個人がより幸せに生き、自分らしくはたらくための一歩を踏み出すきっかけづくりを目的として、2021年3月8日(月)に一般公開で参加費無料のオンラインカンファレンス『今、ニッポンのはたらくを考える会議~国際女性デーに考える“女性” と“はたらく”~』を開催します。また、同日にパーソルグループの国内社員約4万人を対象にした社員限定イベント「みんなでDI&Eを考えるかい」を同日開催し、社内外の「Diversity, Inclusion & Equality(以下DI&E)(※)」推進に貢献します。

(※) Diversity(ダイバーシティ):多様性。雇用の機会均等、多様な働き方。/Inclusion(インクルージョン):包括・包含。個々を尊重すること。/Equality(イクオリティ):等しいこと・同等・平等・対等。権利や利益が等しくあること。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-676177-8.jpg ]


■開催主旨

3月8日は国際女性デー。
2020年、「ジェンダー・ギャップ指数」では121位(※)に ランクされた日本。
「仕事」「結婚」「家事」「出産・育児」……、時代や社会に作られた女性像に縛られず、自分らしくはたらき、生きていくために。一人ひとりの歩み、小さな一歩が女性やすべての個人の多様な選択肢を切り拓くのではないか。人生100年時代、すべての人が異なる属性、価値観、能力、個性をもつ人間として、他の誰でもない自分らしさを大切にし、健やかにはたらき、また生きていくためのヒントを、視聴者の皆さんと一緒に探ります。そして得たヒントから、今年の国際女性デーのテーマ「Choose To Challenge(挑戦を選択する)」にちなみ、女性だけではなく、私たち全員ができる新たな「挑戦」を考えるきっかけを見つけていただければ幸いです。

(※)2019年12月、世界経済フォーラム(World Economic Forum)「Global Gender Gap Report 2020」の中で、各国における男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数(Gender Gap Index:GGI)として公表


■カンファレンス概要【一般公開無料】

『今、ニッポンのはたらくを考える会議~国際女性デーに考える“女性” と“はたらく”~』
開催日時:2021年3月8日(月)13:30~15:45
開催場所:オンライン
申し込みはこちらより受け付けています: https://www.persol-group.co.jp/special/webinar/index.html

13:35~14:30【Session 1】 ※以降敬称略
変化の時代をどう生きる?社会の求める「女性像」に縛られず“自分の歩み”から考えるキャリア
21世紀、“はたらく”を取り巻く環境の変化はどんどんそのスピードを増しています。変化の時代に、“女性”はもちろん、さまざまな人が自分のキャリアや個性、歩んできた道を肯定して、次の一歩を踏み出すヒントを探ります。

<モデレーター>
[画像2: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-485731-7.jpg ]

浜田 敬子:ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長/元AERA編集長

<登壇者>
[画像3: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-701427-0.jpg ]

鈴木 明子:プロフィギュアスケーター/元オリンピック日本代表

[画像4: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-662039-3.jpg ]

平田 麻莉:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事

[画像5: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-904777-2.jpg ]

平沢 恵美:パーソルホールディングス株式会社 グループ人事本部 エンゲージメント推進室 エキスパート

14:45~14:40【Session 2】
ライフステージにおける身体の変化と対話し、人生100年時代を健やかにはたらく
身体のはたらきを知ることがなぜ大事なのか?毎月の月経によるPMS、更年期障害、妊娠・出産による変化……など、ライフステージにおける身体の変化を学び、一人ひとり異なる身体と対話することや、会社の上司・同僚・友人など周囲の方との対話の在り方についても探ります。

<モデレーター>
[画像6: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-323986-1.jpg ]

遠藤 祐子:株式会社メディアジーン 編集部門 執行役員 MASHING UP編集長

<登壇者>
[画像7: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-546892-4.jpg ]

有馬 牧子:昭和大学医学部 医学教育学講座 講師(医学博士)/日本女性医学学会評議員/NPO法人女性の健康とメノポーズ協会理事/国家認定キャリアコンサルタント

[画像8: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-131420-5.jpg ]

本川 碧:パーソルホールディングス株式会社 グループ人事本部 人事企画部 エンゲージメント推進室/女性の健康検定認定資格「女性の健康経営(マネジメント)アドバイザー」

■「今、ニッポンのはたらくを考える会議」とは

「今、ニッポンのはたらくを考える会議」は、パーソルグループ横断で初となるフルオンラインでの個人向けイベントです。はたらくの当たり前が変化しつつある今、本イベントでは、パーソルグループ内の知見やノウハウはもちろん、あらゆる分野の専門家、業界の最前線で活躍するプレイヤー・著名人をお招きし、はたらく方々に役立つ価値観、ティップス、さらに最先端のテクノロジーや、今後求められるソリューションなどを、原則オンラインにてカジュアルにお届けしています。
関連ニュースリリースはこちら: https://www.persol-group.co.jp/news/20200707_5974/index.html

■「みんなでDI&Eを考えるかい」【パーソルグループ社員限定イベント】

国内約4万人の社員を対象に、オンラインイベント「みんなでDI&Eを考えるかい」を同日の午前中に開催します。2つのトークセッション「マイノリティという個性を生かす」、「ジェンダー論には矛盾がいっぱい!」にパーソルグループの社員が登壇してトークを繰り広げる他、社員同士の親睦を深めるネットワーキングランチなども行います。

「みんなでDI&Eを考えるかい」とは
パーソルグループでは、DI&E推進の取り組みの一つとして、社員同士でともにDI&Eについて考える場作りを行っています。一方的な知識のインプットに限らず、対話を通じて、多様な属性(性別・年齢・国籍など)や価値観があることを知り、それらをどう受け入れ、活かしていくのかについて、社員みんなで考えていく場です。また、同じような悩みや考えを持つパーソルグループの社員と繋がり、仲間づくりができる機会でもあります。これまで、さまざまな切り口のテーマで開催し、現在までに合計9回開催、グループ各社29社より延べ426名からの応募(※)があり、イベント内容は事後レポートとして社内報などでもお届けしています。
(※)2020年3月1日時点

■パーソルホールディングス株式会社 グループ人事本部 人事企画部 部長 山崎 涼子のコメント
[画像9: https://prtimes.jp/i/16451/486/resize/d16451-486-954435-6.jpg ]

高齢化、人口減少、価値観の多様化、テクノロジーの飛躍的な進歩などにより、“はたらく”を取り巻く環境はこれまで以上に急激な変化を続けています。この変化の激しい環境で企業が持続可能な成長を続けていくためには、多様な能力のシナジーを生かし、変化に対応することはもちろん、新しい価値を生み出していく柔軟性と創造性が求められています。そしてその根源となるものが、はたらく人たちの多様性であり、「DI&E」だと考えます。パーソルグループの社員は国内外で約5万人を超え、異なる文化や背景を持つ社員が互いの価値観や強みを理解することや、異なる価値観やライフスタイルが異なる社員一人一人が、自分らしい働き方で活躍できる制度や風土の醸成も急務となっています。まずパーソルグループにおいてDI&Eが推進することで、社員の可能性が最大限に引き出され、はたらくすべての人が「はたらいて、笑おう。」を実感できる社会を目指してまいります。

■パーソルグループのDI&Eへの取り組み

パーソルグループでは、グループビジョン「はたらいて、笑おう。」の実現に向け、2019年1月より、社員の3つの多様性(1. 属性:年齢・性別・国籍など、2. 価値観:人生観・家族観・キャリア観など、3. 能力:知識・スキル・感性・経験など)を生かしていけるよう、DI&Eを推進してまいりました。具体的には、風土醸成の推進とともに、多様なはたらき方の推進として、1.「複業」の解禁、2.ドレスコードの原則自由化、3.フレキシブルワーク、多様なキャリアパス支援として、1.女性管理職比率アップ、2.多様な社員向け研修・イベント、3.業務効率・生産性向上などに取り組んでまいりました。今後もさまざまな施策を通じて社内外のDI&E推進に貢献してまいります。

■パーソルホールディングス株式会社について

1973年の創業以来、人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、再就職支援など総合人材サービスを展開。2008年10月に共同持株会社テンプホールディングス株式会社を設立。2017年7月よりパーソルホールディングス株式会社へ社名を変更。東京証券取引所市場第1部上場(証券コード:2181)。2020年3月期売上高9,705億円。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング