1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

BOTANISTやSALONIAのカスタマーサポート部門が「第24回企業電話応対コンテスト」優秀賞受賞

PR TIMES / 2021年11月29日 14時15分

ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」などを展開する、株式会社I-ne(本社 : 大阪市北区)の「カスタマーサポート部コンタクトセンター課」は、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会(以下、ユーザ協会)が主催する「第24回企業電話応対コンテスト」において、「優秀賞」を受賞しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/12002/490/resize/d12002-490-141d700d35a15230a5ca-0.jpg ]

当コンテストに参加した「カスタマーサポート部コンタクトセンター課」は、購入者や購入を検討している方からの、商品に関するお問い合わせに対応しています。当社の企業理念「Chain of Happiness」に基づき、電話応対の品質を追求し続け、お客様への対応を通じて幸せを提供することが体現できている証明になると考え、当コンテストに参加しました。
この度の「第24回企業電話応対コンテスト」に、当社は初めてエントリーし、「優秀賞」を受賞しました。

企業電話応対コンテストについて

コンテストへ応募した電話応対窓口へ、ユーザ協会の専門スタッフが予告なしに電話をかけ、「仮のお客様」としてよくある内容の会話をします。その際の電話応対内容が録音され、5人の専門家が客観的に数値化し、100点満点で評価されフィードバックされる電話応対コンテストです。コロナの影響により2年振りに開催され、今年は309事業所が参加し、上位20社のうち最優秀の「会長賞」1社、次いで優秀な成績を修めた「理事長賞」3社、さらに「優秀賞」16社が表彰されました。
ユーザー協会「企業電話応対コンテスト」
https://www.jtua.or.jp/education/contest/


受賞に向けてのI-neの取り組み

まず、電話品質の定義を「お客様目線」で策定しました。企業理念「Chain of Happiness」をもとに追求、コンテストで求められている「人間味のある、心温まる電話応対」をどのオペレーターからも提供できるようにすべく、電話応対について日々オペレーターはフィードバックを受け、改善すべき点はコンスタントに指導を行っています。お客様に喜ばれた音声は定期的に社内で共有するなど、チーム全体でモチベーションを向上させる取り組みも実施しています。


「カスタマーサポート部コンタクトセンター課」からのコメント

お客様に信頼感を持っていただけるよう、日々のオペレーターの寄り添う姿勢が評価され、優秀賞という光栄な賞をいただく機会がありましたことを、本当に嬉しく思っております。
当社の「顧客対応ポリシー」にもありますが、「お客様の「声」に耳を傾け、「心」に寄り添い、「想い」に向き合います。」という点から、お電話をくださったお客様のことを、より多く知るということを心がけています。また、お客様の状況やお気持ちを「自分ごと」にするという点も、当社オペレーターがお客様とコミュニケーションをとる際に心がけるよう指導しています。引き続き、お客様の思いへ応える電話対応のご提供を心掛けてまいります。
カスタマーサポート部 コンタクトセンター課 コール教育担当古謝 瑠美里


当社のコールセンター業務について

平日午前9時~午後6時まで、8名の電話応対スタッフが、月間3000件以上のお問い合わせに対応しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください