パナソニックが、第9回エコプロダクツ大賞を受賞!

PR TIMES / 2012年12月7日 9時51分

「第9回エコプロダクツ大賞」において、パナソニックグループから、エコプロダクツ部門・国土交通大臣賞を『家まるごと断熱+エコナビ搭載換気システム~ピュアテック~』(パナホーム株式会社)が、エコサービス部門・推進協議会会長賞を『食の循環』(パナソニック株式会社 デバイス社/京丹後市役所様/アミタ株式会社様)が受賞しました。



「第9回エコプロダクツ大賞」において、パナソニックグループから、エコプロダクツ部門・国土交通大臣賞を『家まるごと断熱+エコナビ搭載換気システム~ピュアテック~』(パナホーム株式会社)が、エコサービス部門・推進協議会会長賞を『食の循環』(パナソニック株式会社 デバイス社/京丹後市役所様/アミタ株式会社様)が受賞しました。

この賞は、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催するもので、優れたエコプロダクツの表彰を通じて、企業などの取り組みを支援し、開発・普及の促進を図るとともに、正確な情報を事業者・消費者などの需要者に広く伝えることを目的に、財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省の後援により、2004年より実施されており、今年で9回目となります。

パナソニックの主な受賞概要は下記の通りです。


■エコプロダクツ部門/国土交通大臣賞
パナホーム株式会社:家まるごと断熱+エコナビ搭載換気システム~ピュアテック~

<取り組み概要>
パナソニックグループの住宅会社であるパナホームは、心地よく健康にくらせる居住空間を実現する技術として、独自の空気コントロール技術「ピュアテック(※1)」を採用。この「ピュアテック」の技術を基に開発した換気システム「エコナビ搭載換気システム」と、建物の基礎の内側まで断熱処理を施す「家まるごと断熱」を組み合わせることで、エネルギー消費をできるだけ抑え、CO2排出量の削減に貢献する『エコアイディアの家(※2)』を実現。
(※1)「ピュアテック」はパナホーム株式会社の登録商標です。
(※2)「家まるごと断熱」と「エコナビ搭載換気システム」は、パナホームの戸建住宅(一部、商品を除く)の標準仕様です。


<審査委員の評価>
本製品は、従来の床断熱ではなく、基礎の内側に断熱処理を施し、年間を通して温度変化の少ない地熱を効率的に活用することで、冷暖房にかかるエネルギー消費を削減している。
また、室内外温度差検知により、自然換気と機械換気の自動制御ハイブリッド換気方式を採用し、換気そのものにかかるエネルギー消費も抑制している。
基礎断熱・地熱利用・自動制御ハイブリッド換気の相乗効果により、快適性を維持しながら省エネが図れる、先導的なモデルとして普及が期待される。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング