ユニークで分かりやすいイラストで図解したはじめての写真本『逆転の発想の写真の入門の本 写真を使わずにイラストで図解したら、むしろ分かりやすくなりました。』発売

PR TIMES / 2014年10月24日 10時19分



インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がける株式会社エムディエヌコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡 功、略称:MdN)は、『逆転の発想の写真の入門の本 写真を使わずにイラストで図解したら、むしろ分かりやすくなりました。』を発売しました。

『逆転の発想の写真の入門の本
写真を使わずにイラストで図解したら、むしろ分かりやすくなりました。』
http://www.mdn.co.jp/di/book/3214403006/

とにかく分かりやすいのです! 写真入門の解説書なのに、写真を使わずにイラストで図解することで、楽しく写真を勉強することができる本になりました。

写真撮影の際に誰もが迷う被写体(素材)の選び方から構図のつくり方、代表的な表現形式の数々を説明。また本格撮影には欠かせない、絞りとシャッター速度の基礎、光と影をどのように用いたらよいかなど、知っておくべき写真撮影のABCを、ユニークなイラストと明快な文章でとても分かりやすく解説しています。

デジタルカメラや一眼レフカメラを覚えたいけれど、操作マニュアルや機能中心の解説本、難しい用語が並んでいる専門書はちょっと……という方はもちろん、もう少し写真がうまく撮りたいと感じている方、感覚的に写真撮影を覚えたいという方まで必見です。

実際の写真を用いないことで、逆に写真撮影の考え方やテクニックがわかりやすく解説されています。その他、プロカメラマンならではの考え方や視点、コツ、道具の使い方や困ったときのお助けネタなど、読み物としても楽しめる写真撮影の知識がギュッと詰まった写真入門の本です。これから写真を学びたい人、写真をもう少し上手に撮りたい人、写真の知識を広げたい人必見の1冊です!

〈本書の特長〉
・漫画感覚で楽しく読める
・ビギナーにやさしい明快な文章
・読みやすくオシャレな装丁デザイン
・持ち歩きに便利なコンパクトサイズ

〈内容〉
■CHAPTER 01 そうだったのか、写真撮影の基本のき
■CHAPTER 02 知っていると得をする光のはなし
■CHAPTER 03 よい構図を見つけるためのバランスとアングル
■CHAPTER 04 被写体で使い分けたい撮り方テクニック
■CHAPTER 05 知っていると違いが生まれる撮影のコツ

【仕様】
永山昌克、山口規子、大城譲司 共著
イラストレーション 菊池杏子
定価(本体1,500円+税)
A5判/176ページ
ISBN978-4-8443-6454-2

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング