「VoidTokyo vol.3」出版記念写真展、SHIBUYA TSUTAYAで開催!

PR TIMES / 2018年3月16日 18時1分



SHIBUYA TSUTAYA(東京都渋谷区宇田川町21-6)では、7階「SHELF67」内にある『WIRED TOKYO 1999』にて、ZINE「VoidTokyo vol.3 -RawMix-」の販売を記念したパネル展を開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18760/499/resize/d18760-499-982951-0.jpg ]


「Void Tokyo」は複数のフォトグラファーによって、リアルな東京ストリートを切り取り続ける唯一無二のZINE。Vol.1、Vol.2と通販やアートブックフェアなどで人気を集め、国内外問わず大きな反響を巻き起こしています。

実際のストリート撮影も精力的に行われている渋谷の地で、ランドマークとも言えるSHIBUYA TSUTAYAとのタッグは前作に続いて2度目。今回も「VoidTokyo Vol.3 -RawMix-」から選りすぐりの作品を、カフェでのお食事や休憩とともにパネル写真でお楽しみ頂けます。

【展示情報】
「Void Tokyo vol.3 -RawMix-」出版記念パネル展
場所:SHIBUYA TSUTAYA 7F SHELF67内 WIRED TOKYO 1999
会期:2018年3月17日(土)~2018年3月31日(土)
※予告なく変更させて頂く場合がございます

【書誌情報】
Tokyo Street / ZINE「VoidTokyo」 http://voidtokyo.media/

刻々と変化し続ける今の東京を切り取る。
参加メンバー各々がリアルタイムに発信し続ける。

そしてZINEの発刊を通し、東京の現在を紙媒体で提示し続けたい。
そのような思いからVoid Tokyoはスタートした。
2020年にオリンピック開催も決定し、国際都市「東京」はどこまで変化していくのか、
そしてその後はどうなるのか。
メンバーが複眼的視点で見つめる現在の東京。

ストリート写真というアプローチで変わり続ける東京の今、末来を捉え続け、
記録として、記憶として、そして写真として提示し続けたい。

我々は何処にあり、何処に向かおうとしているのか。

「探る視線ーPerceiving the Void」

我々Void Tokyoは今日も見つめている。


【商品情報】商品名:「VoidTokyo vol.3 -RawMix-」
[画像2: https://prtimes.jp/i/18760/499/resize/d18760-499-207981-1.jpg ]

定価:本体1,500円(税込)
発売日: 2018年2月14日 ※先行発売

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング