定額制動画サービスとして、U-NEXTのアニメ作品数がNo.1に。アニメ視聴者数は過去3年間で約5倍に伸長

PR TIMES / 2021年2月8日 14時15分

USEN-NEXT GROUPの株式会社 U-NEXT(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堤 天心)が運営する動画配信サービス「U-NEXT」は、GEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ、所在地:東京都港区、代表取締役:梅津 文)の2021年1月度の集計において、主要な定額制(SVOD)動画サービスにおいて「アニメ作品数No.1」(※1)を獲得いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31998/502/resize/d31998-502-298901-0.jpg ]


アニメだけでも、定額制動画サービスの中で「作品数No.1」に

U-NEXTは、これまでもラインナップの拡充に重きを置き、2021年1月時点で、見放題本数21万本を含む23万本を配信(うち、レンタル作品2万本)。定額制サービスとして36ヶ月連続で「見放題作品数No.1」(※2)を維持してまいりました。
そんななか2021年1月度の調査にて、専門サービスも含めた定額制サービスの中で「アニメ作品数No.1」を獲得。同じく1位となった前回調査時(2019年12月時点)以降も継続的にラインナップを増やしており、この1年間で見放題で楽しめる作品数は1.25倍に増加しました(2021年1月時点)。


約6割がアニメを視聴。かつ、映画もドラマも音楽もジャンルを横断して楽しむ

U-NEXTの有料会員数は200万人(2020年8月時点)を突破し、過去3年間で約2.5倍に伸長しました。一方アニメの視聴者数は同期間で約5倍と、全体の会員数の伸びを上回る成長スピードを見せています。
なお、アニメを視聴しているユーザーは全体の約6割に達しており、U-NEXTにおいて最も視聴者数が多い人気ジャンルとなっています。一見コアなアニメファンが多いと予想されますが、映画やドラマ、音楽などの実写コンテンツを視聴しているユーザーの約7割が、実際にアニメも楽しんでいることが明らかになりました(下グラフ参照)。ラインナップが多いU-NEXTだからこそ、アニメも映画もドラマも幅広く楽しみたい方が利用しているようです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31998/502/resize/d31998-502-772637-1.jpg ]



『新テニスの王子様』の先行配信など、最新作でもアニメジャンルに注力

U-NEXTでは現在、『呪術廻戦』などテレビ放送中アニメを80作品以上配信。うち、『七つの大罪 憤怒の審判』『転生したらスライムだった件 第2期』『五等分の花嫁∬』など、2021年1月にスタートした「冬アニメ」を50作品以上( https://video.unext.jp/feature/cp/winter-anime2021/)取り揃えており、いずれもランキング上位につけています。
また、新作の独占先行配信にも注力しており、2021年2月13日(土)より『新テニスの王子様 氷帝 vs 立海 Game of Future』を独占配信(参考: https://www.unext.co.jp/ja/press-room/tenipuri-h-r-announce-2020-12-26)いたします。U-NEXTでしか観られない作品も配信予定なので、こちらもあわせてご注目ください。


※1:見放題で見られるアニメの作品数。GEM Partners調べ/2021年1月時点
※2:国内の主要な定額制動画配信サービスにおける「洋画」「邦画」「海外ドラマ」「韓流・アジアドラマ」「国内ドラマ」「アニメ」を調査。別途、有料作品あり。GEM Partners調べ/2021年1月時点


U-NEXTとは
U-NEXTは見放題作品数No.1※の動画配信サービスです。21万本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題で楽しめるほか、公開・放送されたばかりの最新作を含む2万本以上のレンタル作品、さらに60万冊以上のマンガや書籍もラインナップしています。1つのアプリで「観る」「読む」をシームレスに楽しめる、ジャンルを超えたエンタメ体験をお届けしています。

U-NEXT: https://video.unext.jp
※GEM Partners調べ/2021年1月時点

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング