【家計簿アプリ「レシーカ」】ゴールデンウィークとシルバーウィークの旅行状況”について

PR TIMES / 2020年11月5日 15時15分

【家計簿アプリ「レシーカ」による全国5万人の消費行動分析】「レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況」

CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、家計簿アプリ「レシーカ」を利用する全国5万人のデータをもとにした、生活者向けコラム「レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況」の10 月度として「ゴールデンウィークとシルバーウィークの旅行状況」を配信いたしました。コラムはTサイト特設ページ( http://tsite.jp/congestion_10_b)、または「レシーカ」アプリからご覧いただけます。



レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況:
http://tsite.jp/congestion_10_b

[画像1: https://prtimes.jp/i/983/503/resize/d983-503-893727-3.png ]


「レシーカ」は、普段のお買物レシートを撮影・登録するだけで、Tポイントが貯まる家計簿アプリです。本コラムでは、全国5万人のサービス利用者が「レシーカ」にてご登録いただいた購買情報をもとに、業種を横断した幅広い商材について、購買者の性年代別や地域別での分析、各種小売店の時間帯別の混雑状況などをコラムとして月次で配信してまいります。

「GOTOトラベル」どこに行く?
「ゴールデンウィークとシルバーウィークの旅行状況」
~コロナ禍では香川・鳥取など中四国への旅行が人気!?~

みなさん、今年、旅行にいきましたか?
新型コロナによる緊急事態宣言のもと、今年のゴールデンウィーク(GW)は全国的に帰省や旅行を控えた方も多かったのではないでしょうか? その一方で、9月の連休であるシルバーウィーク(SW)は出かけたい!という人も多かったのではないでしょうか。
7月からは東京以外で「Go To Travelキャンペーン」もはじまり、少しずつ活気が戻ってきたようにも感じますが、GWからSWにかけて、実際に人の動きがどのように増えたのか?レシーカデータから調査してみました。
※なお、本調査での「旅行」の基準は、100km以上の移動、場合とします。
(例:東京~箱根間は含まれず、東京~静岡などが含まれます。ただし、GWとSW以外にも、東京~静岡の移動が頻繁に確認された場合は、「旅行」と見なしません)

▽サマリー
・GWの移動は激減しているが、SWは昨年同様に旅行を楽しんでいる方が多い。
・SWに集客の絶対数が多かったのは東京、大阪、愛知。ただし、昨年ほどの集客には至っていない。
・今年のSWで昨年と比べて伸び率(伸長率)が高かったのは、四国や九州など大都市圏以外の旅行が増加していた。

2020年のGWは大幅減も、SWは例年通りに回復へ!


[画像2: https://prtimes.jp/i/983/503/resize/d983-503-211522-0.png ]

まずは、GWとSWでの旅行客の増加について2019年と2020年を比較して調査しました。2019年のGW(2019年4月29日~5月2日)では、13%の方が旅行に行っていましたが、2020年のGW(2020年4月29日~5月2日)はわずか4%と旅行客が大幅に減少していることがわかりました。一方で、2019年のSW(2019年9月21日~9月23日)が6.1%だったのに対して、2020年のSW(2020年9月19日~9月22日)も6.1%と変化がないという事が判明いたしました。

昨年と比較し旅行客が激減した2020年のGWでしたが、「GOTOトラベル」の影響もあってか、2020年のSWでは旅行需要が戻りつつあるという印象です。

SW最も人が集まったのは東京・大阪だが、去年より2倍の観光客が訪れたのは…?


[画像3: https://prtimes.jp/i/983/503/resize/d983-503-878743-1.png ]

そんな中、2020年のSWにおいて集客が多かったトップ5の都道府県をランキングにしました。1位の東京都から始まり、2位が大阪府、3位が愛知県、4位が福岡県、5位が静岡県という結果になりました。その一方で、昨年からの伸長率では、1位の東京が72%、2位の大阪が91%と前年から減少していることがわかりました。さらに、2019年から2020年のSWにかけて旅行者の伸長率が多かった都道府県のトップ5をランキングにしました。その結果、1位が香川県(215%)、2位が鳥取県(208%)、3位が徳島県(200%)、4位が大分県(188%)、5位が福井県(187%)という結果になりました。

例年通り主要都市への旅行客が一定数いらっしゃるものの、旅行客が回復したSWでも、人口密集地帯である都心部への旅行者が昨年と比較すると減少していることが現状のようです。
一方で、 上位5県では、昨年と比較すると2倍近い旅行者がSWで訪れたことがわかりました。また、旅行先として中四国や九州など山と海など自然に囲まれた地域の人気が高まっていることがわかりました。3密を回避する“ニューノーマル”な旅行において、釣りやキャンプといったアウトドアへの需要が高まっているのかも知れません。

【四国への旅】関西エリアからの旅行客が増加した!?


[画像4: https://prtimes.jp/i/983/503/resize/d983-503-507649-2.png ]

また四国への旅行について、居住エリア別で分析いたしました。関西エリアにお住まいの方が2019年のSWでの旅行先では、四国へ旅行された方が18%だったのに対し、2020年のSWでは40%まで増加する結果となりました。
コロナ禍において長距離の移動は避け、身近なエリアでの観光地で旅行を楽しまれた方が多かったのかもしれません。

GOTOトラベルどこへ行こう?

また10月より東京も「Go To Travelキャンペーン」の対象となりました。
これからより多くの方が、ニューノーマルでのご旅行にお出かけになるかと思いますが、
みなさんもうご予定はお決まりでしょうか…?
まだ決まっていない方に、お得にお楽しみいただける情報です!

Hotels.com( https://prf.hn/click/camref:1101l9LBI/pubref:receika/destination:https:/jp.hotels.com/page/t-point-card/) では、「Go To Travelキャンペーン」に合わせて Tポイントも貯まり、さらに最低価格から8%OFFになるお得なセールを開催中。

また、伝統とモダンが融合した5つ星ホテル『マンダリンオリエンタル東京 』(GOTOトラベル事業支援対象)では、1泊2日の特別プランを展開するなど、ラグジュアリーなGOTOトラベルも続々登場しています。

くれぐれも体調管理、感染予防にはお気をつけ頂きながら、
お得なGOTOトラベルをもっとお得に、もっと魅力的にお楽しみください!

CCCマーケティングは、今後も楽しく安心できるお買い物体験につながるサービスを拡大することで、生活者のみなさまへの体験価値向上を図りながら、ライフスタイル提案を行ってまいります。

家計簿アプリ「レシーカ」について
普段のお買い物レシートを撮影・登録するだけで、登録したレシート枚数に応じてTポイントが貯まる家計簿アプリです。登録したお買い物情報は、アプリ内のカレンダーなどで確認したり、毎月の出費を食費や外食等のカテゴリー別にグラフでチェックできるなど、Tポイントを貯めながらお金の管理をすることが可能です。
◇サービス名:レシーカ
◇対応端末:iPhone/Android
◇利用料:無料
◇App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/id1201112936?mt=8
◇Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cccmk.receika&hl=ja

※本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング