【引越し侍/エイチーム】都道府県別 こたつの保有率ランキング!極寒の地 北海道の意外な順位とは?

PR TIMES / 2014年1月20日 17時5分

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:熊澤博之)は、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』の利用者へ実施したアンケート結果を元に、都道府県別 こたつの保有率ランキングを公開いたしました。



寒さが厳しいこの季節。引越し侍がお送りしている『引越しなんでも大調査』では、そんな冬にぴったりの『こたつ』をテーマに、都道府県別のこたつ保有率ランキングを調査いたしました。日本の冬の風物詩として昔から定着している『こたつ』、最も多く保有していた都道府県とは?今回の調査は、なかなか意外な結果となっています。


<都道府県別 こたつ保有率ランキングの結果>
◆当サイトをご利用の上、引越しをされた方を対象にアンケートを実施。その結果をもとに、こたつの保有率に関するランキングを作成しました。


【調査結果サマリー】
◆約42%の保有率で1位となったのは福島県でした。引越し侍が調査したこたつ保有率の全国平均は24.27%であったため、その数値を大きく上回る結果となっています。また、単身・家族で分けた場合、福島県の家族世帯は48.57%の保有率と、約2世帯に1世帯が保有している計算になりました。

◆今回、最も意外な結果に思えたのは、北海道が46位であったということ。北海道では、こたつよりも室内全体が温まる暖房器具を多用しているようでした。

◆対する沖縄県は47位と、予想通りの順位。しかしその保有率は意外にも高く、単身でも5%を超えていた上、家族では12%と10世帯に1世帯以上が保有している結果となりました。


【調査結果】
1. 寒い地域ほどこたつを多く持っているわけではない
今回、上位にランクインした都道府県を見てみると、地域にバラつきがありました。年間の平均気温は西日本よりも東日本の方が低いですが、東北や北陸といった寒い地域が上位に集まっているわけではないため、気温の低い地域が必ずしもこたつを保有しているとは言えないようでした。また、電気こたつの発祥地と言われている富山県も40位と下位であったため、今回のランキング結果からは、上位の原因や共通して言えることなどは見つけられませんでした。

2. 46位と下位であった北海道の冬の過ごし方とは?
年間平均気温が、10度を下回ることが多い北海道。当然、冬の寒さも厳しい地域です。そんな中、こたつを使わないのは、一見とても不思議に思えます。北海道の住宅は、気候上、気密性や断熱性に優れた構造になっていることが多く、その室内全体に常に暑いくらい暖房を効かせるのが、北海道の冬の過ごし方だそう。北海道の冬は、こたつだけでは乗り切れないほど寒く、家全体が温まる暖房器具を使用するところが多いため、こたつの保有率は自然と下位になっていると考えられます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング