無印良品2014年企業メッセージについて

PR TIMES / 2014年4月16日 15時14分

自然、当然、無印。

無印良品を企画、開発する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、新しい企業メッセージ「自然、当然、無印。」の展開を4月25日(金)より全世界の無印良品で開始します。



自然、当然、無印。

無印良品ははじまりから自然です。まんまの色、天然素材、きなりの紙や布など、素の魅力をみつめることで、無印良品は生まれてきました。たとえば毎日の衣服についても、ことさらファッションを意識せず、ひとときのトレンドに左右されない衣服のありかたを考えてきました。自然からもたらされるものの快適さ、肌触りや着心地のよさを感じながら、自分らしく暮らせることを大切にしています。それがなにより、感じのいい豊かさだと考えているからです。


 「自然、当然、無印。」は1983年に無印良品が発表したコピーです。「自然には、当然しるしはない」という考え方のもと、素材そのものの魅力を生かした商品の開発を基本とする無印良品の姿勢を端的に表現したコピーは、30年あまりを経た現在も、色あせることがありません。
 2014年、25の国と地域で展開するに至った無印良品は、始まりの時代のコピーに新たなメッセージを加え、世界に向けて発信します。ビジュアルのロケ地はこれまでも世界各地を舞台としてきましたが、今回は北欧のアイスランドを選びました。ユーラシア大陸の端に位置し、ヨーロッパ、アジアの中心の文化圏から距離のある北欧には、日本のような「簡素・簡潔」を美徳とするような文化があります。ファッションの最先端をいくロンドンやパリといった都市に比べ、それほど尖がってはいないが洗練された感じの良い、北欧の豊かな暮らしは無印良品の提案する「感じ良いくらし」につうじるものがあります。
 上質な天然素材を用いた着心地の良い基本の服が幅広い世代の女性にもなじむように、無印良品はこれからも衣服・生活・食品という生活にかかわる全ての商品で様々な世代や文化をもった皆様に「感じ良いくらし」をリーズナブルに提案してまいります。
【展開概要】
 店 舗: 2014年4月25日(金)から全世界にて順次展開
 ※メルボルン、ららテラス武蔵小杉等の新規オープン店舗は4月中旬より先行で展開
 ※面積の関係で一部展開できない店舗がございます

 WEB:  2014年4月25日(金)から www.muji.netにて公開
 
 その他: 4月26日(土)~5月9日(土)に全国23ヶ所の映画館にてCM上映
 札幌シネマフロンティア、MOVIX仙台、MOVIX宇都宮、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿ピカデリー、
 イオンシネマ板橋、シネ・リーブル池袋、MOVIX亀有、イオンシネマむさし村山、
 TOHOシネマズららぽーと横浜、109シネマズ川崎、109シネマズ湘南、イオンシネマ新百合ヶ丘、
 TOHOシネマズ船橋ららぽーと、ユナイテッド・シネマ浦和、所沢レッツシネパーク、イオンシネマ大高、
 大阪ステーションシネマ、シネ・リーブル梅田、イオンシネマ茨木、T・ジョイ京都、MOVIX倉敷、
 ユナイテッド・シネマキャナルシティ13

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング