【職場では人気者、家ではひきこもり】 多くの反響があった「第2のひきこもり=仮面ひきこもり」に関する本が初出版! ~『仮面ひきこもり』(角川oneテーマ21)~

PR TIMES / 2014年2月14日 15時17分

角川書店ブランドカンパニー

株式会社KADOKAWA 角川書店BC(東京都千代田区)は、2014年2月14日に新刊『仮面ひきこもり』(服部雄一:著)を刊行しました。



本書の書名でもある「仮面ひきこもり」とは、著者の服部雄一氏が多くのひきこもりの患者と接するなかで分かった、従来のひきこもり(社会的ひきこもり)以外のひきこもりを指します。

具体的には、普段は会社に行ったり、主婦業をしていたりと、一見ひきこもりには見えないが、ひきこもりと同じ基本症状があり、それを隠しながら社会生活を送っている人です。

本書は、この『仮面ひきこもり』について、初めて書かれた一冊です。
「もしかして……」と思った方から、ひきこもりに関心のある方まで必読の一冊です。

<仮面ひきこもりチェックリスト>*本文より一部抜粋

・笑顔や何気ないフリで隠しているが本当は人が怖い
・その場しのぎをするクセがある
・決断できない。自分で判断できない
・人には二面性があると思う
・自己主張の強い人や外国人が苦手である


【著者紹介】
服部 雄一(はっとり・ゆういち)

狭山心理研究所主宰、セラピスト。
1949年生まれ。ロサンゼルスでの語学留学、8年間の通訳業を経て、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校にて6年間学び、心理学修士課程修了。国内の数少ない多重人格専門家として、トラウマ性の心理障害の治療が専門。セラピストとして患者さんと向き合うほか、ひきこもりについては、初めて英語論文で症例を発表。
著書に、『ひきこもりと家族トラウマ』(NHK出版)、『多重人格者の真実』(講談社)、『多重人格』(PHP研究所)がある。

『仮面ひきこもり』
発売日:2014年2月14日
定価(本体800円+税)
ISBN 978-4-04-110700-3-C0295
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=321307000256

-----------------
◆本件に関するお問い合わせ先:
<作品・商品の内容に関して>
株式会社KADOKAWA 角川書店BC
〒102-8078
東京都千代田区富士見2-13-3
電話・編集03(3238)8555

<販売・宣伝に関して>
株式会社KADOKAWA
〒102-8177
東京都千代田区富士見2-13-3
電話・営業03(3238)8521
電話・宣伝03(3238)8688

メールでのお問い合わせ
https://wwws.kadokawa.co.jp/contact/
web KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/
-----------------

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング