1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ニトリHD】今冬、ベトナムへ初出店:ニトリグループ アジア出店加速

PR TIMES / 2023年11月30日 11時45分

株式会社ニトリホールディングス(札幌市北区、代表取締役会長兼CEO 似鳥昭雄)は、アジア地域への出店を加速すべく、ベトナム第1号店を、今冬ベトナムビンズン省にある、東急ガーデンシティのショッピングセンター「SORA gardens SC」にオープンいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/73913/508/resize/d73913-508-99770bfc7763d2bcf333-2.png ]

ニトリグループは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」というロマン(志)、2032 年3,000 店舗、売上高3 兆円を達成するというビジョンを掲げ、住まいに関わる家具、ホームファッション関連商品を取り扱う「ニトリ」、生活必需品を中心に人気の高いホームファッション商品を取り扱う「デコホーム」、エクステリア商品も取り扱うホームセンター「島忠」、大人の女性向けアパレルブランドを取り扱う「N プラス」、外食事業の「ニトリダイニング みんなのグリル」等、幅広い事業を展開しています。
現在、日本に808 店舗、中国大陸・香港・台湾・韓国・マレーシア・シンガポール・タイに158 店舗、合計966 店舗を有しています。

ニトリグループは、低価格で品質に優れた「お、ねだん以上。」の多種多彩な商品の提供を実現すべく商品企画から製造・物流・販売まで、自らが一気通貫でプロデュースするビジネスモデルを構築してまいりました。その過程でアジア地域に多数の提携先企業、自社の工場や商社からなるネットワークを構築し、多くのビジネスパートナーと共に、楽しく、豊かに、トータルにコーディネートされた住空間の創出を世界の人々にご提案するよう努めています。

著しい成長が見込まれるアジア地域は、ロマンとビジョンの実現に向けた最重要地域であり、出店の加速により、早期に店舗網の充実を図ることを最重点課題の一つとして位置付けています。ベトナムのハノイとバリア・ブンタウには、ニトリグループの強みである2つの大きな製造拠点があります。約1万人の従業員がニトリの「お、ねだん以上。」の商品提供を支えています。2003年に設立したハノイ工場では、主に食器棚などの箱物やベッド、ソファを製造し、2015年に設立したバリア・ブンタウ工場では主に食卓セットの他、カーテンやNクール等の寝具を製造しています。
その他にも、ベトナムには自社専用商社や、多くのサプライヤー企業を有しており、ニトリグループの東南アジア地域のサプライチェーンマネジメントを担ってきました。生産拠点であるベトナムで今後は店舗網の構築を進めるべく、今後10年間で70店舗を目標に出店を進めてまいります。

なお、2022 年には、マレーシアとシンガポールへの初出店を含め、アジア地域の4つの国と地域に、合計して37 店舗の出店をいたしました。8月にはタイ、9月には香港、11月には韓国への初出店も果たし大変多くのお客様にご支持を頂いております。今般のベトナムに加え、今後新たにフィリピン、インドネシアに初出店を計画しています。2024年3月末までに既存の国と地域への出店と新規出店国を合わせて58 店舗を新たに出店し、アジア地域合計187店舗となる予定です。また、2025 年以降はロマンとビジョンの実現に向け、毎年平均300店舗の海外の出店を行っていく計画です。

ベトナム1号店 今冬オープン


建物名:SORA gardens SC
住所:SORA gardens SC, Lot C19, Hung Vuong BLVD, Hoa Phu Ward, Thu Dau Mot City, Binh Duong Province, Vietnam
※店舗概要の詳細は確定次第、改めてご案内いたします。


(株)ニトリホールディングス代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)似鳥昭雄コメント
当社は、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」というロマンのもと、お客様の立場に立った
「お、ねだん以上。」の商品・サービスを提供し続けるよう、一気通貫型のビジネスモデル”製造物流IT小売業”の特質を磨いてまいりました。今後長期間にわたる著しい経済成長が見込まれ、ニトリグループを支えているサプライチェーンの中核であるアジア地域での事業展開を加速しています。アジアの成長を取り込み、アジアのお客様のニーズに迅速に応えるべく、出店ペースを一段と加速します。より多くの国と地域で、より多くのお客様に、ニトリの商品をお届けすることができるようになることを大変嬉しく思っています。

(株)ニトリホールディングス取締役グローバル商品本部本部長兼グローバル販売事業推進室室長
海外販売事業管掌武田政則のコメント
当社は、アジア地域への出店を加速しており、8月にはタイ、9月には香港、そして11月には韓国への初出店を実現いたしました。製造拠点や自社専用商社、多くのサプライヤー企業を有するベトナムで販売事業を始められることを、大変嬉しく思っています。日本で磨き上げられた品質基準を、アジア地域で提供し、ニトリの商品で、現地の方の「不平・不満・不便」を解消しながら、変わらない「豊かさ」をお届けできるよう、今後も挑戦を続けてまいります。

NITORI TRADING VIETNAM COMPANY LIMITED 総務部担当 Nguyen Thi My Dungのコメント
私は、2010年にニトリグループに総務担当として入社をしました。総務の仕事は多くの人と関わるやりがいのある仕事です。10年以上前から、ベトナム出店の1号店に携わりたいと思っていた私の夢が、この度実現し、とても嬉しく思います。ベトナムでニトリの商品を通じてお客様に幸せを感じて頂けるように、挑戦を続けてまいります。

似鳥国際奨学財団 ハノイ工科大学 准教授、博士 学生部部長 Pham Thanh Huyen様のコメント
この度、ニトリのベトナムでの初出店にあたり、ハノイ工科大学よりお祝い申し上げます。ハノイ工科大学は2015年に、似鳥国際奨学財団と奨学金を支援する協定を初めて締結しました。 これまでの7年間で、約200人の学生が支援を受けることができ、奨学生たちは優れた学業成績を収め、社会活動に積極的に参加してきました。ハノイ工科大学はこの奨学金を人道的価値の高い活動であると考えており、敬意を表したいと思っております。


【似鳥国際奨学金財団について】
似鳥国際奨学財団は、「ニトリグループが描くロマンの実現に、大きな力を貸して下さったアジア諸国の方々へ恩返しをしたい」という思いから、(株)ニトリホールディングス創業者である似鳥昭雄が私財を寄附し、2005年3月に設立。設立から給付型奨学金(返済義務のない奨学金)の支援を、さまざまな形で広げてきました。2014年より、ベトナムの大学への支援も開始しており、現在17校への支援をしています。2023年3月末までに46の国と地域の9,254名に累計42.2億円の支援をいたしました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/73913/508/resize/d73913-508-f1e7f427133f3e5773a1-1.jpg ]



【ニトリグループについて】
[画像3: https://prtimes.jp/i/73913/508/resize/d73913-508-61914eb65088ab8cad21-2.jpg ]

関連コンテンツ
HDサイト:https://www.nitorihd.co.jp/
統合報告書(日本語):https://www.nitorihd.co.jp/ir/library/annual.html
統合報告書(英語):https://www.nitorihd.co.jp/en/ir/library/annual.html
似鳥国際奨学財団サイト:https://www.nitori-shougakuzaidan.com/
ECサイト:https://www.nitori.com.vn

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください