休業中にも必要とされる店舗向け防犯カメラ『キャンクラウド』クラウドカメラ顧客満足度の3項目で3冠達成

PR TIMES / 2020年8月20日 17時45分

USEN-NEXT GROUPのキャンシステム株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:工藤 嘉高、以下、当社)が販売する、クラウド録画型カメラサービス『キャンクラウド』が、外部調査機関によるアンケートの結果、クラウドカメラ顧客満足度の3項目において、No.1を獲得いたしました。(経営者が選ぶ店舗用クラウドカメラ No.1、クラウドカメラ コスパ満足度 No.1、クラウドカメラ アフターサポート No.1)



[画像1: https://prtimes.jp/i/3515/510/resize/d3515-510-790024-0.jpg ]

■『キャンクラウド』概要 https://www.cansystem.co.jp/camera/
一般的なアナログ防犯カメラのように録画機器(レコーダー/HDD)に録画するのではなく、クラウドサーバー上に映像データを保存する、監視・防犯カメラサービスです。そのため、インターネット環境があれば、どこにいてもPCやスマートフォンなどからライブ映像、録画映像を確認することができます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/3515/510/resize/d3515-510-431191-1.png ]

・録画機器が不要!イニシャルコストが抑えられ、省スペース
・映像がクラウド上に保管されているため、映像を削除されるリスクがない ・複数店舗の映像を一元管理できる
                 ・カメラは19,800円~

■調査概要 
アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
調査期間:2020年6月22日~26日 調査方法:インターネット調査
調査概要:クラウドカメラ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 
調査対象:全国の20代~60代の男女1,024名

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング