―角松敏生・幻のレコード音源が臨場感そのまま、ありのままよみがえる― 次世代型レコードプレーヤー レーザーターンテーブルの魅力に角松敏生が迫る!

PR TIMES / 2014年12月5日 17時11分

『ODAKYU SOUND EXPRESS』 12月13日(土)・20日(土)・27日(土) 21:00~21:30 3週連続放送

TOKYO FM『ODAKYU SOUND EXPRESS』(土21:00~21:30)では、12月13日・20日・27日の3週連続で、株式会社エルプ(以下Eレコード)が開発した次世代型レコードプレーヤー「レーザーターンテーブル」を特集します。番組では、レーザーターンテーブルをスタジオに持ち込み、デモンストレーションをしながら、レコードの音情報をありのままに再生するレーザーターンテーブルとCD音源を比較し、その音の違いについて検証していきます。また、角松敏生の80年代にリリースされたアナログ盤による作品や今となっては、レコード盤でしか聞くことができない貴重なレア音源もレーザーターンテーブルで実際に再生し、マスターテープに近い形で真空パックされた、当時の音を解凍する実験も試みます。この模様は『ODAKYU SOUND EXPRESS』で、12月13日(土)、20日(土)、27日(土)と、3週に渡りオンエア致します。どうぞご期待ください。




★レーザーターンテーブルとCDを聴き比べ!果たして角松レコード音源の音質は?

レーザーターンテーブルの大きな特徴は、針ではなくレーザーでレコードの音を読み取るため、レコードを傷つけることなくレコードを再生することができることです。また5本のレーザー光線で再生されるサウンドは、周波数特性が10Hzから25kHzまで-4dbのフラット再生が可能なため、カートリッジ、アーム等の各パーツ特性の影響を受ける針プレイヤーに比べて、レコード盤の溝に記録された音情報をより正確に読み取り、録音当時の音を、より忠実に再生する事が可能。「奥行きのある音」「演奏者がまるで目の前にいるような臨場感」を感じられる、と言われています。さらに、針では再生困難なひび割れたレコード、反っているレコードも、レーザーターンテーブルなら再生させることができます。
そもそもこの企画、角松敏生が以前購入したまま聴いていなかったホセ・チェピート・アリアス(サンタナのパーカッショニストとしても活躍したニカラグア出身のミュージシャン)のレコードを、最近聴きたいと思った時に、現在レコードを聴けるハードウェアを持っていないことに気づき、「いい音で聴きたい」と自身がインターネット検索して見つけ出してきたのがこのレーザーターンテーブルだった、というのが始まりでした。音にこだわり続けてきた彼は、80年代後半、すでに「レコードを針で傷つけることなく、光で音を読み取れたりしないものか…」と考えていた、といいます。そんな角松敏生の、デビュー当時のあの曲をCDとレコードのレーザーターンテーブルによる再生で聴き比べてみました。さらにビートルズのデビュー当時の貴重な初回盤レコード(『Please Please Me』 通称【ゴールド・パーロフォン】)音源もオンエア!針で傷がつく恐れがないので、貴重な初回盤レコードでも快く借りられたとか。果たして、どんな違いが?当時のレコーディング状況を、角松敏生本人の解説を交えながら、レーザーターンテーブルの魅力に迫ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング