BTM事業に関するグループ内分社化検討開始のお知らせ

PR TIMES / 2019年12月27日 19時5分

~会社分割(簡易吸収分割)の検討開始~



 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、2020年4月を目途に、当社が展開しているエアトリBTM事業(Business Travel Management)、及び当社の完全子会社である株式会社エアトリ(以下、「エアトリ社」)が展開しているエアトリ法人デスクを、当社の完全子会社である株式会社エアトリBTM(以下、「エアトリBTM社」)に承継させる会社分割(以下、「本会社分割」)を行うこと、及び2020年4月を目途にエアトリBTM社が営業開始する予定について、検討を開始いたしましたので下記のとおりお知らせいたします。

■本会社分割を検討する目的
 当社は、創業以来これまで、One Asiaのビジョンをかかげ、急成長するアジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業および投資事業を展開して参りました。なかでも、創業当初からの主力事業であるオンライン旅行事業においては、当社らが運営する総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が航空券インターネット取扱高No.1※にまで成長し、取扱高、認知度ともに飛躍的に成長して参りました。
BTM事業では、航空券・新幹線・宿泊・パッケージ・レンタカーを網羅した、国内外の出張ニーズにお応えするサービスを展開しています。クライアントに継続してご利用頂くことで、直接コスト・事務コスト等の間接コストを削減するメリットがあります。
 今回の会社分割は、グループ全体の統一的かつ柔軟な戦略策定、当社グループ全体で保有する経営資源の効率的かつ横断的な活用によるシナジー効果の最大化の機能を目的としており、戦略的かつ明確な経営組織を整備することにより、「エアトリ」の顧客基盤の拡大や販売チャネルの強化に努め、2024年9月期に連結取扱高5,000億円を目指す中期成長戦略「エアトリ5000」の達成に向けた更なる事業力強化を目指すものであります。

※令和元年6月時点、国内オンライン旅行代理店における、航空券単品販売会社での航空券取扱総額第1位。観光庁主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (平成30年7月分~令和元年6月分) の総計および各社有価証券報告書・決算説明書(東証提出資料)より

■本会社分割の方法
 当社及びエアトリ社を分割会社、エアトリBTM社を承継会社とする吸収分割方式を予定しております。本会社分割は、当社及びエアトリ社においては会社法第784条第2項に定める簡易吸収分割に該当し、承継会社であるエアトリBTM社においては会社法第796条第1項に定める略式吸収分割に該当するため、両社ともに株主総会の承認を得ずに行う予定です。

■業績に与える影響
 今回、検討を開始する本会社分割は、当社及び当社の完全子会社を当事会社とするものであり、連結業績に与える影響は軽微であります。

■今後の見通し
 本会社分割及び本会社分割後の詳細事項、今後の見通し等につきましては、決定次第、速やかにお知らせいたします。


【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19F
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:2,923,746千円(払込資本7,401,163千円)
URL: http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】
総合旅行プラットフォーム エアトリ    : https://www.airtrip.jp/
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業 : https://www.evolableasia.com/service/btm/
ITオフショア開発事業           : http://www.evolableasia.com/service/offshore/
【当社IRサイト】             : http://www.evolableasia.com/ir/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング