1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ヴィレッジヴァンガードお茶の水店とデジタルハリウッドによるコラボレーション授業がスタート!~ ヴィレッジヴァンガードの商品や店舗写真を使ってポスター制作に挑戦 ~

PR TIMES / 2012年8月24日 12時39分



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]では、現在全国に211店舗を構え、雑貨や洋服、お菓子など様々な商品を扱う遊べる本屋、「ヴィレッジヴァンガード(お茶ノ水店)」の協力のもと、“お茶の水の街をグラフィックアートの力で活性化”させることを目的としたコラボレーション課題を、スクール内専科コースの授業にて取り組むこととなりました。

 「ヴィレッジヴァンガード」は、品揃えの豊富さはもちろんのこと、「ヴィレッジヴァンガード」で目につくのが、やはり商品の前に掲げられているユニークな“ポップ”達。

 今回の取り組みでは、そのような魅力溢れる店舗の情報を専科グラフィックデザイナー専攻の受講生が、店舗や実際の商品を用いてプロモーション企画の一環としてポスター制作を行います。


◎対象クラス:専科グラフィックデザイナー専攻(2012年4月生、2012年9月生):
  http://school.dhw.co.jp/course/design/graphic_design/

 制作したポスター、グラフィックアート作品は、お茶の水を利用される色々な方々に触れて、楽しんでいただけるよう、デジタルハリウッド東京本校内及び「ヴィレッジヴァンガード(お茶の水店)」店内で掲示する予定です。

 このようなプロジェクトは、在学中の学生にとって業界で活躍するための自信や制作実績に繋がり、卒業後すぐに産業界をリードする即戦力へと成長し、この取り組みは業界自体を活性化しながら人材育成をする「実践的産学協同」のプログラム(OJT)であると捉えています。


制作中の取り組みについては、デジタルハリウッド東京本校のブログでも随時ご紹介します。
◎デジタルハリウッド東京本校ブログ: http://blog.dhw.co.jp/tokyo/blog.html


■ヴィレッジヴァンガードお茶の水店 店長 西尾雄太氏からのコメント
ヴィレッジヴァンガードとデザイン。私どものつくる店をご存知の方は
なかなか結びつきづらい言葉のように思われるかもしれません。
成程、私どもがつくる店は一見、乱雑粗暴に見えるでしょう。
しかし実はその奥底には開業より25年のあいだに培われた美意識が脈々と
流れており、ときに私たちはそれを「編集」という言葉を用いて説明します。
今回、学生の皆さんが私どもの編集したこのヴィレッジヴァンガードお茶の水店
の何を切り取り、そしてポスター、あるいはグラフィックとしてどのように
「再編集」してくれるのか。今からとてもわくわくしています。
そして、そこから皆さんが思うヴィレッジヴァンガード像というものが垣間
見られるのではないかと、そんなことも密かにたのしみにしているのです。

ヴィレッジヴァンガード : http://www.village-v.co.jp/



■専科グラフィックデザイナー専攻とは
従来の2Dグラフィックデザインにとどまらず、Webデザインまでも学べる
実践型のクラス制講座。
次回開講は2012年9月を予定。尚、経験者を優待する制度としては、
写真×デザインで表現の幅を広げお仕事をしたい方を対象に 『授業料免除
のフォト優待受講』の制度などをご用意。

コース詳細: http://school.dhw.co.jp/course/design/graphic_design/
 
コラボレーション課題授業詳細: http://school.dhw.co.jp/p/vv/



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング