【京都ホテルオークラ】伝統の技を 知って・見て・体験!10月16日(金)文化サロン“京象嵌”~オリジナル象嵌 製作体験つき~

PR TIMES / 2015年9月3日 15時35分

京都ホテルオークラ(本社:京都市中京区 (株)京都ホテル、東証2部上場、代表取締役社長 福永法弘)では、10月16日(金)に第65回文化サロン「京象嵌 ~漆黒に浮かぶ煌き~」を開催いたします。 株式会社中嶋象嵌 代表取締役の中嶋優子氏を講師にお迎えし、京都で1200年もの歴史をもつ伝統工芸「京象嵌」のお話と、職人による実演をお楽しみいただきます。またお客様には金・銀のパーツを組み合わせてオリジナルの象嵌作りを体験いただきます。伝統の技を使った世界にひとつだけの作品は記念品としておすすめです。



[画像1: http://prtimes.jp/i/5118/514/resize/d5118-514-359829-1.jpg ]

◆イベント概要

[画像2: http://prtimes.jp/i/5118/514/resize/d5118-514-201549-2.jpg ]

【 名 称 】第65回 京都ホテルオークラ 文化サロン
「京象嵌 ~漆黒に浮かぶ煌き~」
【 講 師 】株式会社中嶋象嵌 代表取締役 中嶋優子氏
【 開催日 】2015年10月16(金)
【 時 間 】ランチ 11時45分~12時45分
      講演・体験 13時00分~15時00分
【講演・体験会場】京都ホテルオークラ 3階宴会場
【ランチ会場】京料理「入舟」または
       テラスレストラン「ベルカント」
【 料 金 】ランチ付 7,000円、講演・体験のみ 4,500円

*携帯ストラップまたはペンダントのいずれかを当日お選びいただきます。
*職人の手で仕上げ、約1ヶ月後にお送りします。

◆文化サロンについて
京都ホテルオークラ「文化サロン」は、日本の伝統・京都の文化を再認識し、後世へと伝えていくことをテーマに、2010年4月よりスタート。伝統工芸の職人や文化人をお迎えし地元 京都に息づく伝統文化の生の姿をお届けしてまいりました。6年目を迎えた今年、第64回から 3回連続で「体験型企画」を開催。第2弾となる今回に続き、12月には「かるた」をテーマにお話と体験をお楽しみいただきます。

◆京象嵌について
奈良時代に大陸から日本へ伝わったとされる象嵌。「京象嵌」の特徴は「布目象嵌」と呼ばれる独特の技法にあり、江戸時代に刀の装飾など武家文化とともに発展しました。中嶋象嵌では親子3代にわたってその伝統技法を守りながら、アクセサリーの他、新しい作品作りにも意欲的に取り組まれています。


<京都ホテルオークラについて>
京都市の中心部に佇む、1888年創業の伝統あるホテル。京の風情とヨーロピアンテイストが調和した落ち着いた趣 の館内には国内外の賓客を迎えてきた歴史が刻まれています。高さ約60メートルの最上階レストランフロアからの眺めは美しく、東山三十六峰や鴨川、古都の 街並みが一望できます。

〒604-8558
京都市中京区河原町御池
TEL:075-211-5111(代表)
アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前駅」直結。/JR京都駅より車で約15分。
webサイトURL: http://okura.kyotohotel.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング