応募総数史上最多6,554作品の頂点「第20回電撃小説大賞」受賞作、メディアワークス文庫より3作品同時発売!

PR TIMES / 2014年2月19日 16時30分

アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー

6,554作品もの応募が寄せられた小説公募新人賞「第20回電撃小説大賞」の受賞作から、大賞1作品、金賞1作品、メディアワークス文庫賞1作品の計3作品が、2014年2月25日(火)、メディアワークス文庫より発売されます。



株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス ブランドカンパニーは、2013年10月に受賞作品を発表した小説公募新人賞「第20回電撃小説大賞」の大賞1作品、金賞1作品、メディアワークス文庫賞1作品の計3作品を、2014年2月25日(火)、メディアワークス文庫より発売します。

アスキー・メディアワークスが主催する小説公募新人賞「電撃小説大賞」の第20回では、史上最多6,554作品の応募が寄せられ、昨年に引き続き<大賞>受賞作が2作品選出されました。2月8日(土)に電撃文庫より発売された5作品と同様に、<大賞><金賞><メディアワークス文庫賞>受賞の3作品も、いずれも選考委員から高い評価を受け、全応募作品の頂点に輝いた作品です。

■「第20回電撃小説大賞」メディアワークス文庫より発売の受賞3作品概要

★第20回電撃小説大賞<大賞>受賞作
『博多豚骨ラーメンズ』
著/木崎ちあき 定価:本体550円+税

人口の3%が殺し屋の街・博多で、生き残るのは誰だ――!?

福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。
福岡市長に雇われた殺し屋・宗方、麗子、紫乃原、イワノフの四人は、市長にとって邪魔な人間を排除し、彼の立場を守るため仕事する。華九会に雇われている殺し屋・林は、借金を返済し、祖国の家族の元へと帰るため罪を犯す。殺人請負会社で働く新人・斉藤は、ようやく任された仕事で下手を打つ。探偵事務所を営む馬場は、刑事の重松から市長の悪事を暴くよう依頼され、情報を集める。復讐屋のジローは依頼とともに復讐を遂行する。
市長選の背後に潜む政治的な対立と黒い陰謀が蠢く事件。そして悪行が過ぎた時、『殺し屋殺し』は現れる――。

★第20回電撃小説大賞<金賞>受賞作
『僕が七不思議になったわけ』
著/小川晴央 定価:本体550円+税

二度とない青春の中で、二度目のキミと出会った――

石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコさんと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。
「おめでとう、今この瞬間、この学校の新しい七不思議にお主は選ばれた」
なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ! そしてとまどいながらも、テンコとともに学校で起こる事件を解決していくことになるのだが……。
七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング