「DAM CHANNEL」17代目MCに女優・白石聖さんが就任

PR TIMES / 2020年3月17日 11時35分

通信カラオケDAMで4月12日よりスタート

 株式会社第一興商は、通信カラオケDAMにおいてカラオケ演奏の曲間に配信しているエンターテインメント情報コンテンツ「DAM CHANNEL(ダムチャンネル)」の17代目MCに、女優・白石聖(しらいし・せい)さんを起用します。新MCを迎えたDAM CHANNELは、4月12日より始まります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/14607/517/resize/d14607-517-510238-0.jpg ]

 DAM CHANNELは、2004年8月に配信を開始しました。初代MCの菊川怜さんを筆頭に話題の方々が歴代MCを務め、音楽を中心としたエンターテインメント情報をカラオケユーザーにお届けしています。

 16代目MCの伊原六花さんからバトンを引き継ぐ白石聖さんは、現在、数多くのドラマや映画に出演、結婚情報誌「ゼクシィ」12代目CMガールに抜擢されるなど幅広く活動しています。
 先日、都内のスタジオにて行われた初収録では、ゲストアーティストの音楽活動はもちろんのこと、カラオケや趣味・特技などについてさまざまなトークを繰り広げました。
 通信カラオケDAMの最新情報をお届けするコーナー「コンテンツインフォメーション」では、メガネをかけた白石さんがライブカラオケや本人映像の見どころなどをニュースキャスター風に紹介します。

 「カラオケに来た方とアーティストをつなぐ懸け橋になれたら」という
白石さんは、アーティストの魅力を引き出し、全国のカラオケファンを盛
り上げてくれることでしょう。新しいDAM CHANNELにご期待ください。

■「DAM CHANNEL」17代目MC・白石聖さんコメント
17代目MC就任の話を聞いたときは、「私で大丈夫かな」と不安もありました。人見知りということもあり、初回の収録は緊張しましたが、4組のゲストがほぼ同世代で話しやすく、いろいろな話が聞けて楽しかったです。
女子会のように肩の力を抜いてお話しすることで、アーティストの個性や素の部分を引き出せるMCになりたいです。

・プロフィール
[画像2: https://prtimes.jp/i/14607/517/resize/d14607-517-908584-1.jpg ]


白石聖(しらいし・せい)1998年生まれ。神奈川県出身。
高校2年生のときに原宿の竹下通りでスカウトされ、芸能界入り。今年1月から放送されたドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に出演。“若手女優の登竜門”とも言われる結婚情報誌「ゼクシィ」12代目CMガールに抜擢されるなど、今後の活躍が期待される。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/14607/table/517_1.jpg ]



■関連サイト
Twitter: https://twitter.com/DAMch_Official

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング