クラウドの低消費電力化設計を加速させるSTM32デジタル・パワー・マイコンを発表

PR TIMES / 2014年7月9日 9時35分

高分解能タイマ等の最先端機能を搭載するSTM32F334が、高効率デジタル電源を実現



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、デジタル経済を支えるクラウド・システムの電力効率を大幅に向上させるデジタル・パワー・マイクロコントローラ(マイコン)STM32F334を発表しました。

今日のデジタル・インフラは、大量の電力を消費しています。データ・センターだけでも、世界中の電力の約1.3%(年間約286,000 GWh)を消費していると推定されています。Uptime Institute社のPower Usage Effectiveness(PUE)の試算によると、有効に使用されているのはこの電力の内40%程度で、残りの大部分は大規模かつ高価な冷却系装置から熱として放出されているとみられています。急速に増加しているクラウド・ユーザとクラウド・サービスが今後もさらに成長することが予測されており、電力効率の向上は喫緊の課題です。

Uptime Institute社によると、コンピュータ電源のデジタル制御等の手法で、消費電力の変動に合わせて柔軟に供給電力を制御することにより、データ・センターの電力効率を60%超まで引き上げることが可能であると推定されています。STのSTM32F334は、デジタル電源制御に必要な機能のすべてをシングル・チップで提供するため、データ・センターにおける、マルチフェーズ・インタリーブやLLC共振コンバータ等の電力効率の高い電源のデジタル制御への移行を簡略化します。また、高精度・高分解能タイマ(217ps)は高い電力効率を実現すると同時に、超高速コンパレータと連動して、保護機能を実現します。そのため、デジタル電源の効果を最大化し、クラウドの電力効率を向上すると共に、安全・安定な電力供給に貢献します。これには、世界の電力需要を1日当たり約280GWh(1)(オランダの発電量(2)に相当)低減する可能性があります。

STのマイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるMichel Buffaは、次の様にコメントしています。「STM32F334デジタル・パワー・ラインは、デジタル・モータ・ドライバおよび太陽光発電システム用パワー・コンバータで使用されているSTM32F3の機能を搭載し、さらに高分解能タイマ等の革新的機能が追加されたデジタル電源システム向けの業界最高性能のマイコンです。同製品は、汎用通信インタフェース、複数のタイマ出力、強力なCPUおよび通信ペリフェラル等のペリフェラルを内蔵しているため、データ・サーバ、通信インフラ、ワイヤレス給電システム、照明、溶接機、産業用電源で使用されている複雑な電源トポロジのデジタル制御を大幅に簡略化します。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング