日本語教師を応援する情報誌『日本語教育ジャーナル』2013年春号、2月9日発売!

PR TIMES / 2013年2月7日 11時19分

27年分の感謝の気持ちを込めた最終号では、「今こそ、『外向き』でいこう! 日本語教師は世界が舞台」と「徹底討論 日本語教育の明日はどっちだ!?」の2大特集でお届けします。

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役会長:平本 照麿、以下アルク)より、
『日本語教育ジャーナル』2013年春号のご案内を申し上げます。



第1特集の「今こそ、「外向き」でいこう! 日本語教師は世界が舞台」では、ベトナム、フィンランド、モンゴル、台湾で活躍する日本語教師への現地取材から、実践的な仕事の探し方のコツや、海外での忘れられないエピソード集など、さまざまな角度から、海外で教える魅力を紹介します。現在、海外では約365万人が日本語を学んでいます。

第2特集の「徹底討論 日本語教育の明日はどっちだ?!」では、これからの日本語教育業界を引っ張っていく世代の論客が5人集まり、日本語教育の今日と明日のために、縦横無尽に語り尽くします。

インタビューでは、タレント・大学准教授として活躍しているにしゃんたさんが登場。スリランカ出身の若者が、日本で学び、働く中で見つけた、共に笑える社会への提言をお聞きしました。また、ベストセラー『困ってる人』の著者・大野更紗さんにも、「3.11」後の社会と日本語教育の在り方について、お聞きしました。さらに、特別企画「ドイツ移民政策の現在」では、移民大国ドイツの移民政策の歴史と現状、そして、さまざまな課題を紹介しています。

27年間のご愛顧への感謝の気持ちがこもった最終号、ぜひご覧ください。


<商品情報>
【タイトル】『日本語教育ジャーナル』 2013年春号
http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7013008/
【一般価格】1,365円(税込)


………………………………………………………………………………………………………………………………

[株式会社アルクとは] http://www.alc.co.jp/
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイト「SPACE ALC」をはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング