累計300万ダウンロードのニンテンドー3DS向け「レコチョク」専用ソフトに新しい音楽サービス「コミュニティ」機能を追加

PR TIMES / 2014年11月17日 13時28分

~みんなと一緒に音楽を楽しむ“共聴体験”を提供~



株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一、以下:レコチョク)は、「ニンテンドー3DS(TM)」「ニンテンドー3DS LL」「Newニンテンドー3DS」「Newニンテンドー3DS LL」(以下:ニンテンドー3DS)向けに展開している音楽配信サービス、ニンテンドー3DS向け「レコチョク」を11月17日(月)より機能拡充し、新しいタイプの音楽サービス、ニンテンドー3DS 向け「レコチョク」コミュニティ(以下:コミュニティ)機能を追加します。

ニンテンドー3DS「レコチョク」は、ニンテンドーeショップから無料の専用ソフト

「レコチョク」をダウンロードすることで、最新J-POP、アニメ、洋楽など豊富なジャンルの楽曲を購入・再生いただけます。2012年12月のサービス開始以来、専用ソフトの累計ダウンロード数は今月中にも300万を突破する見通しで、多くのお客様に音楽と親しみ、お楽しみいただける機会を提供してきました。また、お客様からの要望の高かった、アルバム購入機能、歌の練習や録音ができる「スタジオ機能」、好きな楽曲を伝え合う「みんなのおすすめ機能」といった機能を随時追加するなどサービスの拡充を続けています。

【テーマ毎に編成された音楽がいつでも聴き放題!】


今回新たに追加した「コミュニティ」は、ニンテンドー3DSの機能をいかした新しいタイプの音楽サービスです。
本サービスでは「邦楽」「洋楽」「新曲」「今売れてます」「アニメ/ゲーム」「VOCALOIDTM」「歌ってみた」「みんなのおすすめ」など10種類のテーマ毎に編成された音楽をお楽しみいただける仮想的な空間(「コミュニティ」)を提供し、お客様は自由にコミュニティにアクセスすることで、いつでもさまざまな音楽をお楽しみいただけます。また、それぞれのコミュニティで流れる音楽は定期的に更新され、音楽との出会いの機会をご提供します。また、音楽を聴きながら歌詞*1を見たり、気に入った楽曲を「きになるリスト」に追加し、後から購入することも可能です。

【音楽を聴きながら想いや感動を共有する「共聴体験」を提供!】
それぞれの「コミュニティ」は、同じ音楽を聴いている人にむけて、楽曲やアーティストに対する想いを文字やイラスト、手書きのメッセージを投稿する機能を備え、お客様同士が皆で音楽を楽しむ「共聴体験」をご提供します。なお、本投稿機能は、「Miiverse(ミーバース)」*2との連携により実現しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング