豊後水道が育てた“冬の宝石” 「高知県宿毛(すくも)産 寒ブリトロ」 かまどか全店で11/19(火)より登場!

PR TIMES / 2013年11月18日 13時41分

株式会社コロワイドのグループ会社である、株式会社レインズインターナショナル(本社:横浜市西区・代表取締役社長 五十嵐茂樹)では居酒屋「かまどか」(全国76店舗 ※13年11月1日時点)にて11/19(火)~、冬限定のメニューをスタート。「高知県宿毛(すくも)産の寒ブリ」「鮟鱇(あんこう)」等を使った新メニューが登場致します。




今年も11月に入り、徐々に気温も下がって参りましたが、これから年末に向けて更に寒さが厳しさを増す時期。
本格的な冬が到来しますが、かまどかでは“この季節だから食べたい、美味しい食材”をお届けすべく、冬限定のメニューを導入致します。


11/19(火)~スタートするメニューには、まず「高知県宿毛産の寒ブリトロ」が登場。四国の西南端、豊後水道にある高知県宿毛漁場で育ったブリは、水温が下がる初冬~真冬にかけて一番脂がのっており、冬の“海の幸”の中でも「冬の宝石」と言える程です。


身の締まったプリップリの食感、ハラスの脂が持つ深い味わいは格別。今回素材本来の美味しさをそのまま味わう「お造り」、昆布の上で大葉・生姜・味噌等と“たたいて”旨みを染み込ませ、香りと食感が絶妙な「なめろう」の2種類でご用意致しました。


また冬の味覚「鮟鱇の唐揚げ」は、肉厚の身を油でカラッと揚げ、衣のサクサク感と身のふっくらした食感が楽しめる逸品。


そして、かまどかの看板メニューである釜炊きご飯に、存在感のある帆立、いくらをちらした贅沢な新作が登場。
山形県産のはえぬき米を生米から炊き上げ、ほんのりと香るバターの風味が、より一層食欲をそそります。


この冬は是非、かまどかの期間限定メニューで冬の美味しさを体感して頂きたいと考えております。


=============================

≪ かまどか 冬限定メニューについて ≫

●導入期間:
11/19(火) ~ 2月末までを予定


●冬限定・新メニュー概要:

<高知県宿毛(すくも)産の寒ブリ>

四国の西南端、豊後水道にある高知県「宿毛漁場」。黒潮の流れるこの漁場で育ったブリは、水温が下がる初冬~真冬にかけて一番脂がのっています。
身の締まったプリップリの食感と、ハラスの脂が持つ深い味わいは、魚好きも納得です。


「高知県宿毛産 寒ブリトロのお造り」 (税込725円)
プリップリの食感と、脂が乗った寒ブリ本来の美味しさを味わえる一品です。


「高知県宿毛産 寒ブリトロのなめろう」 (税込578円)
大葉・生姜・葱・味噌の香りと食感の絶妙な組み合わせが楽しめる、寒ブリを使った贅沢ななめろうです。
昆布の上で“たたいて”いるので、昆布の旨みが具材に染み込み、深い味わいに仕上がっています。


----------------------------------------------------------


「鮟鱇(あんこう)の唐揚げ」 (税込620円)
肉厚の鮟鱇を油でカラッと揚げました。
アツアツを、お好みで塩またはおろし醤油でどうぞ。


「北海道産帆立といくらのバター釜炊きご飯」(ハーフ:税込830円/レギュラー:税込1,040円)
北海道産帆立と、いくらを使った贅沢な逸品。
バターの香りがより一層食欲をそそります。


=============================

※内容は予告なく変更する場合があります

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング