TOKYO FM 「NISSANあ、安部礼司」放送開始9年目 リスナー大感謝祭「あべキュン(ハート)」開催! 日本一平均的なサラリーマン「安部礼司」がリスナー29,924人を集客!

PR TIMES / 2014年12月22日 12時44分

平松愛理・寺田恵子(from SHOW-YA)・カズンの生ライブも! この模様は、2014年12月28日、2015年1月4日、17:00~オンエア!

平均的なサラリーマンの日常を描いた大人気ラジオドラマ「NISSAN あ、安部礼司~beyond the average~」(毎週日曜17:00~17:55 全国37局ネット)では、放送開始9年目を記念し、9(=キュン)にかけて、「胸キュン」をテーマにしたリスナー大感謝祭『あべキュン(ハート)』を、12月21日(日)、横浜の日産グローバル本社ギャラリーで開催致しました。会場には、全国からのべ29,924人のリスナーが来場!日産グローバル本社ギャラリーの1日ののべ人数、最多来場者数を更新しました。
 イベントでは、平松愛理、寺田恵子(from SHOW-YA)、カズンによるライブ、番組キャストが出演する生ラジオドラマや公開生放送など、さまざまな“胸キュン”企画で、クリスマス目前の横浜をロマンティックに盛り上げました。この模様は、同番組で、2014年12月28日、2015年1月4日にオンエアします。



◆生ドラマと生歌のコラボに、29,924人が胸キュン(ハート)
 横浜の日産グローバル本社ギャラリーには、番組主人公の安部礼司と同世代の30~40代を中心としたリスナー、のべ29,924人が来場!日産グローバル本社ギャラリーの1日ののべ人数、最多来場者数を更新しました。
 会場内のホールでは、11時~、13時~、15時~の3回にわたって生ラジオドラマを上演。胸キュン(ハート)エピソード満載のストーリーを番組キャストが熱演し、ドラマの最後には、平松愛理が「部屋とYシャツと私」、カズンが「冬のファンタジー」、寺田恵子(from SHOW-YA)が「Dream Again」をそれぞれ生演奏しました。贅沢すぎる生ドラマと生歌のコラボレーションに感極まって涙する来場者も続出!さらに、3組のアーティストは、会場内のメインステージでもミニライブを披露。色褪せない名曲で、アラフォー世代のハートをキュンキュンさせてくれました。
 平松愛理は「ドラマに出てきた“今を愛せないやつは、過去も未来も失う”というセリフに胸キュンでした!」、カズンは「演技が素晴らしくて感動!飯野平太(安部礼司の後輩)がイケメンに見えてきた!」、そして寺田恵子は、胸がキュンとなる男性について聞かれると「ニッカボッカを履いている男性。後ろからついていきたくなる」と明かし、さらに“リスナーへのメッセージ”として「熟女ナメんなよ!!」とコメントし、会場を大いに沸かせました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング