「現代ビジネス」新連載コラム「住みたい街2015」開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年11月28日 9時57分

――2020年五輪に向けて、東京・首都圏の街はどう変わるのか? 11月27日(木)よりレポート

株式会社講談社が運営する30~40代のビジネスパーソンに向けたウェブサイト「現代ビジネス」(編集長:瀬尾傑)は、新連載コラム「住みたい街2015」(http://gendai.ismedia.jp/category/sumitai2015)の配信を11月27日(木)より開始いたしました。



「現代ビジネス」は当連載コラム「住みたい街2015」(http://gendai.ismedia.jp/category/sumitai2015)を通して、マイホーム購入、住み替えを検討している読者・ユーザー様へ「住みたい街」「得する街」の情報を提供いたします。「現代ビジネス」は政治・経済のジャンルを中心とした記事を配信していますが、「住みたい街2015」では、2020年に開催される東京五輪などに向けて、「東京と首都圏の街並み、人の動きがどう変貌していくのか」「いま、マイホーム・投資用不動産を買うならどこがベストなのか」といった、“街と住まいに関する情報”を随時レポートしていきます。

「住みたい街2015」はこちら↓
http://gendai.ismedia.jp/category/sumitai2015

【連載プラン】 ※一部タイトル変更の可能性があります
・「沿線革命」 取材・文/阿部 等(ライトレール社長)
・「東京土地のグランプリ2015-2020年版」 取材・文/セオリー土地鑑定団

また、デジタルガレージグループの広告会社である株式会社DGコミュニケーションズ(以下:DGC)をマーケティングパートナーとして迎え、DGCが有している不動産マーケット情報や国内外の不動産開発情報を当連載と連動や、デジタルガレージグループを通じたデータマーケティングやグローバル配信、不動産業以外の他分野においての記事展開なども今後検討・推進していきます。

■現代ビジネス http://gendai.ismedia.jp/
2010年1月に開設した30~40代ビジネスパーソン向けニュースサイト。政治、経済からソーシャルメディア、スポーツ、グローバル教育といったジャンルにて、速報性だけでなく深層を追求した情報が、インフルエンサーをはじめとした読者から支持されている。読者中心年齢38歳/月間PV:1800万/月間UU:350万

■DGコミュニケーションズ http://www.dg-c.co.jp/
約50年にわたり日本国内不動産の広告、マーケティング・販売戦略、を全国6拠点で展開。取引先は、全国500社を超える不動産開発業社。拡大するインターネットによる物件収集需要も睨み、2007 年デジタルガレージグループに参画し、近年では海外進出する日系デベロッパーの現地開発プロジェクトにおける調査・販売コンサルティング事業も行っている。

■本件に関するお問い合せ先
講談社 メディア事業局 クロスメディア企画部
〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21 TEL:03-5395-4090
DGコミュニケーションズ クロスメディア本部
〒104-0061 中央区銀座1-20-14 KDX銀座一丁目ビル  TEL:03-6679-6622

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング