AT&S、SoundchipおよびST、革新的なバイオニック・イヤーの開発で協力

PR TIMES / 2014年9月19日 9時39分

パッケージ設計、電子音響、MEMSセンサ / アクチュエータおよびマイクロプロセッサのリーダー企業が、高機能かつ豊富なセンサで革新的なウェアラブル・サウンド体験を実現するインイヤー型スマート・オーディオ・モジュールの開発で協力


先進的なパッケージング・ソリューションのリーダー企業であるAT&S、スイスのウェアラブル音響技術のイノベータであるSoundchip SA、および多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:以下ST)は、バイオニック・ヒアリング・モジュールの開発において協力することを発表しました。このモジュールをパーソナル・オーディオ機器に搭載することで、ユーザやソフトウェアで制御される優れたウェアラブル・サウンド体験を実現することができます。

MP3プレーヤやスマートフォンなどのパーソナル・オーディオ機器にバイオニック・ヒアリング・モジュールを搭載すると、ユーザは周辺音に対して自分の耳を電気的に「開く」(聞こえるようにする)または「閉じる」(遮断し聞こえなくする)ことができる他、接続先のスマート・デバイスにて制御することで、周辺音を増大させることも可能です。これらの機能は、大きな周辺音ノイズからユーザを守り、また、自然な会話が必要な場合に耳を電気的に開くことができます。同時にユーザは、閉塞感を解消するためにイヤホンなどのオーディオ機器を取り外す必要がなくなり、耳が詰まるような不快感に悩まされたり、騒音で耳が痛くなるようなことはありません。

このバイオニック・ヒアリング・モジュールは、頭部トラッキング用のセンサなど、外出先でのオーディオ体験をさらに向上させるための様々な先進的電子技術が組み込まれており、拡張された音声ガイダンスや生体モニタなどの優れた
新機能が実現しています。

バイオニック・ヒアリング・モジュールの各種オーディオ機能は、Soundchipが開発したHD-PA(R)技術によって実現されています。単一かつ小型の機械構造に効率的に組み合わせる特許取得済みのSoundstrate(R)技術が、各種オーディオ機能の小型モジュールへの実装を可能にしています。

バイオニック・ヒアリング・モジュールには、STのMEMSセンサおよびMEMSマイクロフォン、遅延なく音声処理を行うHD-PA(R)準拠オーディオ・エンジン、ARM(R) Cortex(R)-Mベースの超低消費電力32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32が搭載されています。STの業界をリードするSTM32ファミリは、500品種以上の製品で構成されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング