日本人最大の資産は問題がたくさんあること!? 『今ここにある問題を解決するために 僕らはアイデアで越えていく DENTSU DESIGN TALK』第4弾!

PR TIMES / 2014年5月30日 11時4分

社会を良くするために、あなたができることは何か?

株式会社ブックウォーカーが展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は、第一線で活躍するクリエイターや知識人、経営者をゲストに招いて電通クリエイターとのトークセッションをまとめた「DENTSU DESIGN TALK」シリーズの第4弾『今ここにある問題を解決するために 僕らはアイデアで越えていく DENTSU DESIGN TALK』の配信を開始しました。



NEWS RELEASE
2014年5月30日
株式会社ブックウォーカー

日本人最大の資産は問題がたくさんあること!?
『今ここにある問題を解決するために 僕らはアイデアで越えていく DENTSU DESIGN TALK』第4弾!

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】は、第一線で活躍するクリエイターや知識人、経営者をゲストに招いて電通クリエイターとのトークセッションをまとめた「DENTSU DESIGN TALK」シリーズの第4弾『今ここにある問題を解決するために 僕らはアイデアで越えていく DENTSU DESIGN TALK』の配信を開始しました。

■社会を良くするために、あなたができることは何か?

「DENTSU DESGIN TALK」は、電通社内の人材育成セミナーとしてスタートし、2013年10月に100回を迎えました。映画監督、写真家、メディアアーティスト、大学教授、建築家、アートディレクター、脳科学者、経営者など、世の中の第一線で活躍する人々をゲストに招き、電通のクリエイターとのトークセッションを行なう--常識も非常識も問い直す--と銘打って行われています。

第4弾のテーマは、「越える力」について。広告の仕事は今や国家ブランディングから書店経営まで多岐にわたります。共通するのは、「今ここにある問題を解決する」ということ。日本人最大の資産は「問題がたくさんあること」だと言い切る電通コミュニケション・デザイン・センターの樋口景一。本屋さんが売りたい本を選ぶ「本屋大賞」を作った博報堂ケトルの嶋浩一郎。ともに様々な問題を「アイデア」で越えてきました。課題を解決できるコア・アイデアにはどうやったら辿りつけるのか? 手のひらに載る企画とはどういうことなのか? 「他人ごと」ではなく「自分ごと」にするとは何を意味するのか? 次世代にどうやってつなげていくのか? 広告の仕事が多岐にわたるということは、今ある問題はすべての「仕事」に共通するといっても過言ではありません。「越える力」の鍛え方を語りつくします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング