1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【事業創造大学院大学】7/19(月)人事・人材開発・経営者・キャリアコンサルタント向け公開セミナー「社会人大学院教員が語る、オトナのマナビ」に事業創造大学院大学・浅野浩美教授が登壇

PR TIMES / 2021年7月13日 19時15分

NSGグループの事業創造大学院大学(新潟県新潟市中央区米山3-1-46)で教鞭を執る浅野浩美教授が、2021年7月19日(月)19:00、日本人材マネジメント協会(JSHRM)&キャリア形成サポートセンター共催の人事・人材開発・経営者・キャリアコンサルタント向け《公開オンラインセミナー》「社会人大学院教員が語る、オトナのマナビ」に登壇します。



元厚生労働省のキャリア官僚として労働局長など国の政策における重役を歴任してきた浅野教授。
本学では「人的資源管理/リーダーシップ論」、「市場調査法」、「演習I」を担当するとともに、社会保険労務士、日本キャリアデザイン学会理事、経営情報学会理事、日本人材マネジメント協会執行役員等としても活躍されています。

近年「学び直し」への注目が集まっています。環境変化に適応するために、一度社会に出たオトナにもマナビ直しが求められるようなっているためです。
その選択肢として選ばれるのが社会人大学院です。自らが社会人大学院で学び直しをした後に、社会人大学院で人材マネジメントを指導する教員となった3名(事業創造大学院大学、グロービス経営大学院、立教大学大学院)が、それぞれの大学院の特徴や授業の進め方、そして教員のホンネを語ります。

■開催日
2021年7月19日(月)19:00~21:00

■セミナーテーマ
「社会人大学院教員が語る、オトナのマナビ」

■セミナー内容
<教員の立場で>
・大学院進学を検討する人へのアドバイス (大学院による違い、何を目的とするのか)
・社会人大学院の生徒を見ていて思うこと
・その他、教員としてのホンネ

<生徒から教員へのキャリアシフト>
・自身が社会人大学院で学ぶきっかけ、得たもの
・生徒から教員にシフトして思うこと
・実務家が大学教員になる方法について
・アカデミックとプラクティスの狭間での苦労

■対象者
人事・人材開発・経営者・キャリアコンサルタント等

■開催方法
Zoom開催

■申込方法・参加費等
詳細は、日本人材マネジメント協会HPをご覧の上、お申し込みください。
https://www.jshrm.org/seminar/20210719-2
※本学では当該セミナー申込みは受け付けておりません。ご注意ください。

■講師紹介
[画像: https://prtimes.jp/i/32951/538/resize/d32951-538-4b9739766e4a473b4275-0.jpg ]

講師:事業創造大学院大学 事業創造研究科 事業創造専攻 浅野 浩美 教授

担当科目:
・人的資源管理/リーダーシップ論
・市場調査法
・演習I

プロフィール:
筑波大学大学院ビジネス科学研究科修了。博士(システムズ・マネジメント)。
厚生労働省で、人材育成、人材ビジネス、キャリア教育、就職支援、女性活躍支援等の政策の企画立案に従事したほか、労働局長として働き方改革を推進。人事制度見直しのためのマニュアルを執筆。社会保険労務士。日本キャリアデザイン学会理事、経営情報学会理事、日本人材マネジメント協会執行役員等。

※本学HPによる案内はこちらから
https://www.jigyo.ac.jp/9003/

【事業創造大学院大学】
学長: 仙石 正和
住所 : 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
URL: http://www.jigyo.ac.jp/
TEL: 025-255-1250  
FAX: 025-255-1251

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング