アートアワードや新プロジェクトが始動 まもなく開催!「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021」

PR TIMES / 2021年2月9日 14時15分

2021年3月6日(土)・3月7日(日) / プレス内覧会3月4日(木)

歴史ある京都を舞台に現代アートが出品される「ARTISTS' FAIR KYOTO 2021(アーティスツ フェア キョウト)」が、万全のCOVID-19対策(※1)を講じてまもなく開催されます。
※ 当日取材いただける場合は、大変お手数ではございますが、プレスリリースの最終ページにございます、取材お申込の内容をご確認いただき、参加お申し込みをお願いいたします。
※ プレスリリース  https://prtimes.jp/a/?f=d5484-20210209-5273.pdf



[画像1: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-735488-1.png ]

これまでのアートフェアの枠組みを超えた本フェアは、来場者とアーティストとのコミュニケーションを生み出す場としても好評をいただき、4回目を迎えます。ディレクターに椿昇、若手アーティストを推薦するアーティスト「アドバイザリーボード」には、名和晃平、塩田千春、加藤泉らをはじめ、第一線で活躍するアーティスト陣17名を迎えます。
それぞれ異なる視点からのキュレーションと公募により選出された可能性溢れる若手アーティストは43組。「Singularity of Art (シンギュラリティ オブ アート)」をテーマに、ペインティングからテクノロジーを駆使したインスタレーションまで、多種多様な表現手法の作品を展示・販売します。COVID-19対策のため、入場は事前予約制をとり、現在公式サイトよりチケットを発売中です。

さらに今回より、メイン協賛企業の株式会社アカツキ支援のもと、若手アーティストの活動支援をする「ARTISTS' FAIR KYOTO 2021 Akatsuki ART AWARD」を開催いたします。審査委員に、飯田志保子氏、中井康之氏、山峰潤也氏を招聘し、ディレクターの椿昇とともに、「ARTISTS' FAIR KYOTO 2021」に出品するアーティストの中から受賞作品を決定。最優秀賞に輝いた作品は、アートコンプレックス「ANB Tokyo」での個展を開催いたします。(2021年夏を予定)。 また、本イベントの新たな試みとして、国際的な若手・中堅アーティストと連携した、アートによる地域再生プロジェクト「Possible Futures」、クリエイティブなものづくりに貢献することを目的とした「ARTISTS' FAIR KYOTO 2021」の限定ポスター(2種類)の発売、オンラインで作品を閲覧できる「ARCHI HATCH」のサービスと連動したオンライン販売(※2)を行います。アップデートを続けるARTISTS' FAIR KYOTOにご期待ください。

※1… COVID-19対策等のため、会場において入場制限等の対策を行う場合がありますのでご了承ください。なお、詳しくはWEB サイトを事前にご確認の上、ご来場くださいますようお願いいたします。
※2… 作品販売は、株式会社The Chain Museumが開発した決済システム、ArtSticker(アートスティッカー)を採用いたします。

ARTISTS' FAIR KYOTO 2021 Akatsuki ART AWARD

「ARTISTS' FAIR K YOTO 2021 Akatsuki ART AWARD」は、メイン協賛企業の株式会社アカツキ支援のもと、若手アーティストの活動支援をするアートアワードです。継続して顕彰することにより、日本現代美術の登竜門となるこを目指すとともに、新しい芸術の創造に取り組むアーティストの創作活動を奨励するもの。受賞作品は3月中旬に公式サイトにて発表いたします。


最優秀賞:1点/【副賞】ANB Tokyoでの個展開催(2021年夏を予定)
賞金100万円(搬出入含む個展開催費用及び新作制作費用として)
優 秀 賞 :数点

審査委員

[画像2: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-100839-2.png ]

主催:ARTISTS’ FAIR KYOTO 実行委員会
協賛:株式会社アカツキ
協力:一般財団法人東京アートアクセラレーション

株式会社アカツキ
アカツキは「ゲームを軸としたIPプロデュースカンパニー」として、心が踊り、感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開しています。私たち自身がワクワクしながら作ったものが誰かの心を動かし、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくと信じて、これからも世界をカラフルに照らしてまいります。 https://aktsk.jp/
[画像3: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-266070-3.png ]



ARTISTS' FAIR KYOTO:INVASION 2021

Possible Futures | アリツィア・ロガルスカ(Alicja Rogalska)、 ウーカシュ・スロヴィエツ(Łukasz Surowiec)、 ピョトル・ブヤク(Piotr Bujak)、笹岡由梨子、高田冬彦

[画像4: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-981045-4.jpg ]

本現代美術展プロジェクトは地域再生事業シリーズの第一弾である。関西アートイベントマップに339を位置づけ、美術の実践者・理論家を集結するだけでなく、ワークショップ、レクチャー、芸術社会的活動を通じて、普段現代美術と接点を持たない地域社会を包摂する場を作る。本展は、様々な形で排除されている社会の「影」に焦点を当て、これまで社会の隅に追いやられてきた集団を包摂する未来の可能性についての問いに答える試みとなる。また京都での滞在制作を通じて国際的な若手・中堅アーティストと連携を図る。
Invaders: 笹岡 由梨子、Paweł Pachciarek

日 程:3.6(Sat)‒3.7(Sun) 10:00‒18:00
会 場:京都新聞ビル 地下1階
住 所:京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239
入場料無料

ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021 の見どころ

趣のある京都のユニークヴェニュー2箇所をエキセントリックな展示空間に
「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021」のメイン会場は、辰野金吾とその弟子・長野宇平治が設計した京都文化博物館の別館(重要文化財)と、輪転機のインクの跡や匂いの残る京都新聞ビル地下1階。このユニークヴェニューをエキセントリックな展示空間に変え、現代アートを鑑賞できるのも、本フェアの見どころの一つとなって人気を呼んでいます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-768367-5.jpg ]

国内外で活躍するアーティスト達が、将来に期待を寄せる新進の若手アーティスト達をセレクト
ディレクターには椿昇、若手アーティストを推薦するアーティスト「アドバイザリーボード」には、名和晃平、塩田千春、加藤泉らをはじめ、第一線で活躍するアーティスト陣17名。異なる視点からのキュレーションと公募により若手アーティストを選出。
[画像6: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-557120-6.jpg ]

作家× 観客のコミュニケーションによって完成する、美術展とアートフェアの境を取り払った、新しいアートフェア
ペインティングからテクノロジーを駆使したインスタレーションまで、多種多様な表現手法のアーティスト43組が鑑賞者をお迎えします。鑑賞と購入の入り混じりる視点と、アーティストとのコミュニケーションによって近づく作品世界。従来のアートフェアにはない新しい体験をお楽しみいただけます。

[画像7: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-862461-7.jpg ]



ARTISTS' FAIR KYOTO:SATELLITE 2021 の見どころ

デパート、宿泊施設、飲食店など、企業の協力のもと、京都の街中8ヶ所で開催されるサテライトイベント
千丸屋京湯葉本店、藤井大丸 ブラックストレージ、藤井大丸、Artist-in-Residence 賀茂なす、ygion 4Fラウンジ、新風館 中庭、Bijuu B1F ギャラリースペース、庵町家ステイ「三坊西洞院町町家」など、「ARTISTS’ FAIR KYOTO」のコンセプトに共感いただいた企業が、京都から発信するアートシーンをともに盛り上げるため、過去に「ARTISTS’ FAIR KYOTO」に出品した作家とコラボレーションし展覧会を開催。
[画像8: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-549983-8.jpg ]

アートユニットYotta による作品、自動車に搭載されたポン菓子マシンが京都に出現
まちをフィールドに活動をするアートユニットYottaによる作品「穀」が新風館 中庭に出現。自動車に搭載されたマシンにお米を入れると、音を立てて「ポン菓子」ができあがる。第二次大戦中に小学校の教員、吉村利子さんによって再発見されたポン菓子。食糧難の中「子供たちにお腹いっぱい食べさせてやりたい」と、設計図を制作し、当時の鉄鋼業の中心地であった北九州で軍用品製造の傍らで第一号機が誕生しました。穀(タナツ)はお米のお菓子から、戦争と平和を、生と死を見つめ直す作品になっています。
[画像9: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-456190-9.jpg ]



新たな取り組み

「ARCHI HATCH」のサービスを採用したオンライン展示
空間を3Dスキャンできる特殊カメラで360°撮影し、Web上で体験できる新たなドキュメンテーション・サービス「ARCHI HATCH(アーキハッチ)」のサービスを採用。ユーザーはオンラインで会場をめぐりつつ、作品のアーティスト情報をクリックすると、作品の閲覧や詳細情報の入手が可能となります。運用は3月中旬より、公式サイトにて公開予定。
[画像10: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-271708-10.png ]

https://archihatch.com/

限定生産「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021」ポスター2種類発売決定!
印刷文化を盛り上げ、クリエイティブなものづくりに貢献することを目的として、
「ARTISTS’FAIR KYOTO 2021」のポスター2種類の発売が決定しました。200枚の完全限定生産、京都文化博物館内の「前田珈琲 文博店」にて販売いたします。
1枚:3,000円(税込)、2枚セット:5,000円(税込)(販売期間:3月6日(土)、7日(日)10:00-19:00)/ ポスター採用アーティスト:高瀬 栞菜、前田 紗希

メインイベント情報
ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021


[画像11: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-230918-11.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-358819-12.png ]

日 程:2021年3月6日(土)・3月7日(日)
会 場:京都府京都文化博物館 別館(京都市中京区三条高倉)
京都新聞ビル 地下1階(京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239)
時 間:10時00分~18時00分
U R L : https://artists-fair.kyoto/
入場料:一般1,800円、学生1,000円(要・学生証)、高校生以下無料
※京都新聞ビル 地下1階会場は無料
※チケットは、オンラインにて事前予約制にて販売中
※新型コロナウイルス感染症対策については以下をご覧ください。
URL: https://artists-fair.kyoto/2021/news/news-1479/

<お問い合わせ>
ARTISTS’ FAIR KYOTO実行委員会
TEL:075-414-4222 (10:00-17:00 /土日祝休み)
主 催 :京都府、ARTISTS’FAIR KY OTO 実行委員会
共 催 :京都新聞
後 援 :京都商工会議所、一般社団法人京都経済同友会

サテライトイベント
ARTISTS' FAIR KYOTO:SATELLITE 2021


[画像13: https://prtimes.jp/i/5484/541/resize/d5484-541-379082-13.jpg ]

日 程:2021年1月下旬~3月下旬 ※各会場によって開催時期が異なります。
会 場:千丸屋京湯葉本店、藤井大丸 ブラックストレージ、藤井大丸、Artist-in-Residence賀茂なす、ygion 4Fラウンジ、新風館 中庭、Bijuu B1F ギャラリースペース、庵町家ステイ「三坊西洞院町町家」
URL : https://artists-fair.kyoto/events/

●広報画像はこちらからダウンロードいただけます>> http://bit.ly/397dPrk


ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021 取材お申し込み

当日取材いただける場合は、大変お手数ではございますが、プレスリリースの最終ページにございます、取材お申込の内容をご確認いただき、参加お申し込みをお願いいたします。
※ プレスリリース  https://prtimes.jp/a/?f=d5484-20210209-5273.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング