完璧バイリンガルのアメリカ人詩人による"滋養”あふれるエッセイ 『アーサーの言の葉食堂』8月1日発売!

PR TIMES / 2013年8月2日 11時22分

アルク会報誌の大人気連載「日々のとなり」が待望の単行本化。日本在住の詩人アーサー・ビナードが、日本やアメリカや世界のさまざまな場所で出合った言葉の向こうにある世界を描き出した珠玉のエッセイ集

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役会長:平本 照麿、以下アルク)より、
新刊『アーサーの言の葉食堂』のご案内を申し上げます。



日本在住のアメリカ人詩人アーサー・ビナード氏が、日本やアメリカや世界のさまざまな場所で出合った言葉の向こうにある世界を描き出した珠玉のエッセイ集です。

ビナード氏は、アメリカ生まれながら日本語で詩・文章を綴る完璧なバイリンガル詩人で、2001 年に中原中也賞を受賞して広く世に知られるようになりました。本書を読んでも分かりますが、彼の日本語の知識や感覚は下手な日本人をはるかに凌駕しており、彼の書く文章は凛として、典雅な味わいすらあります。

同時に、彼は"異邦人”としての視点も忘れません。世間の”空気”や”流れ”に流されず、日本を、世界を見つめます。生活の中で出会った何気ない言葉に、日英語の違いをつくづく感じたり、時には犯罪的な欺瞞を見抜いたり――数々のそういった発見を彼独特のユーモアにくるんで読者に差し出してきます。

このエッセイ集は、そんなビナード氏が、アルクの会報誌で2005年から掲載してきた大人気連載「日々のとなり」を再構成して加筆したもの。
ビンラディン・ドリンクを疑わしげな目で眺め、エネルギー関係の専門家に慣用句「這っても黒豆」を思い出し、ブドカンと称される世界の果てのロック楽園をイメージした少年時代を振り返る――詩人が差し出す不可思議な言葉、刺激的な言葉、そして時には毒入りの言葉を噛みしめるうち、しみじみ心の滋養となること請け合いの本なのです。

【商品情報】
『アーサーの言の葉食堂』
http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7007056/
【価格】1,680 円(税込)
【ISBN】978-4-7574-2236-0
【サイズと頁数】四六判 208 ページ
【著者】アーサー・ビナード

【著者プロフィール】
アーサー・ビナード
詩人。1976年、米国ミシガン州生まれ。高校生のころから詩を書きだし、ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学ぶ。卒業と同時に来日し、日本語での詩作、翻訳を始める。2001年、第一詩集『釣り上げては』(思潮社)が中原中也賞に選ばれる。『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞、『左右の安全』(集英社)で山本健吉文学賞、『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。詩集に『ゴミの日』(理論社)、翻訳詩集に『ガラガラヘビの味』(共訳・岩波書店)、絵本に『くうきのかお』(福音館書店)、翻訳絵本に『ダンデライオン』(福音館書店)、『プレッツェルのはじまり』(偕成社)、英訳詩集に『ひとのあかし』(清流出版)、エッセイ集に『日々の非常口』(新潮文庫)、『空からきた魚』『出世ミミズ』(ともに集英社文庫)などがある。2012年に広島文化賞を受賞。青森放送と文化放送でラジオコメンテーターもつとめる。


……………………………………………

[株式会社アルクとは]   http://www.alc.co.jp/
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイト「SPACE ALC」をはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング