【ニッコー・バリ・リゾート&スパ 】「リゾートの中にもうひとつの至福のリゾート」 ヴィラ19棟、多目的ホール、挙式会場を新設し、さらにグレードアップ。

PR TIMES / 2013年6月5日 16時36分

ホテル名称も「グランドニッコー・バリ」として2013年7月15日生まれ変わります。

株式会社JALホテルズ(東京都品川区、代表取締役社長:マルセル・ファン・アルスト)がインドネシア、バリ島で運営する「ニッコー・バリ・リゾート&スパ」(総支配人:ジャン・シャールズ・ル・コス)は、2013年7月15日にヴィラ(宿泊施設)19棟、多目的ホールやウエディング挙式会場をホテル敷地内に新設し、ホテル名称も「グランドニッコー・バリ」とすることを発表しました。



今回、新たに増設する高級宿泊施設のヴィラは、ワンベッドルーム・タイプが17棟、ツーベッドルーム・タイプが1棟、スリーベッドルーム・タイプが1棟の合計19棟。ヴィラにはプライベート・スイミングプール、半屋外リビングエリア、お二人で一緒に使えるシャワールーム、バトラーのサービスがございます。
「リゾートの中にもうひとつの至福のリゾート」がコンセプト。ヴィラをご利用いただいたゲストは、細やかなサービスや、最新の施設を楽しむことができます。ハイグレードのクラブフロア専用ラウンジであるニッコー・クラブ・ラウンジのご利用もいただけます。世界的に有名な「マンダラ・スパ」では、バリならではのスパトリートメントをご堪能いただけます。ヴィラでの宿泊ゲスト専用の「ヴィラ・ラウンジ」では、寛いだ雰囲気の中で、ご朝食やアフタヌーン・ティーを楽しむことができ、チェックインとチェックアウトをゆったりと行えます。
また、同じく新設の多目的ホールは、1,100平米の広さを誇り、大きな窓からは、青空と広大なオーシャンビューが望めます。ホールでは、ウエディングパーティとしての利用も可能で、今までとはひと味違った、素晴らしい趣きがあります。新しく屋外に建てられるウエディング挙式会場「カミタ Kamita」(サンスクリット語で「愛」という意味)での挙式は、高台に位置し自然に囲まれる中、新たな門出をするカップルに象徴的な思い出に残る結婚式を挙げることが出来きます。「Kamita」の収容人数は、30名様で、アットホームな雰囲気の中、お二人を祝福する親密な結婚式となることでしょう。また、既存の挙式会場「ウィワハ Wiwaha」(サンスクリット語で「幸せな結婚」という意味)での結婚式では、眼下に広大な海を眺めながら印象深い結婚式を挙げていただけます。(収容人数 40名様)

ただ今、新しいヴィラのオープンを記念して、2連泊以上の場合には通常料金からの半額プランをご用意しました。ぜひこの機会にヴィラでのご滞在をお楽しみください。
http://www.jalhotels.com/jp/overseas/asia_pacific/bali_plan_details/id=1949

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング