FXTF 口座開設数10万件を突破/ゴールデンウェイ・ジャパン(株)

PR TIMES / 2019年8月5日 11時40分



ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:呉 一帆)は、2019年6月30日時点で
口座開設数が10万件を突破いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/3206/542/resize/d3206-542-897142-0.png ]


◆MT4について
MT4(メタトレーダー4)とは: https://www.fxtrade.co.jp/mt4/outline
MT4(メタトレーダー4)は、裁量取引・自動売買ともに対応 世界基準のFXツールです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/3206/542/resize/d3206-542-477913-2.png ]



ゴールデンウェイ・ジャパンは、2011年8月にMT4の取り扱いを開始しました。
ミニターミナルなど、裁量FXに便利な独自ツールが豊富な点が特徴です。
・FXTF MT4の仕様: https://www.fxtrade.co.jp/mt4/page-235700
・FXTF MT4の使い方: https://www.fxtrade.co.jp/mt4/page-244199

◆開催中のキャンペーン
★ご好評により、今月も引き続きEURUSDのスプレッド縮小もキャンペーンを実施しております!!
・FXTF MT4スプレッド縮小キャンペーン
  https://www.fxtrade.co.jp/support/campaign/page-201908_05
・MT4スタート&カムバックキャンペーン
  https://www.fxtrade.co.jp/support/campaign/page-201908_04
・FXTF MT4取引量に応じて上限なしキャッシュバック
  https://www.fxtrade.co.jp/support/campaign/page-201908_03
・マーフィー スパンモデル基本マスター【会員様限定プレゼント】
  https://www.fxtrade.co.jp/support/campaign/page-240004

■□■ゴールデンウェイ・ジャパンのソーシャルメディア
・ゴールデンウェイ・ジャパン公式Twitter
  https://twitter.com/FXTF_MT4
・ゴールデンウェイ・ジャパン公式Instagram
  https://www.instagram.com/gwfx_jp/
・ゴールデンウェイ・ジャパン公式LINEアカウント
  https://line.me/R/ti/p/%40ord7534i
・ゴールデンウェイ・ジャパン公式Facebook
  https://www.facebook.com/fxtrade.co.jp
・ゴールデンウェイ・ジャパン公式YouTubeチャンネル
  https://www.youtube.com/user/fxtradefxtf

■□■会社概要
商号:ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社 (Goldenway Japan Co.,Ltd.)
旧 株式会社FXトレード・フィナンシャル

本年4月1日付で弊社は社名をゴールデンウェイ・ジャパン株式会社に変更いたしました。WEBサイト上で一部、旧社名(株式会社FXトレード・フィナンシャル)のまま表記されている部分がございますが新社名として、お読み替え下さいますよう宜しくお願いします。なお、旧社名の略称“FXTF”につきましては、弊社が提供する商品のブランド冠名として引き続き使用してまいります。


所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
代表者:代表取締役社長 呉 一帆
資本金:3億5千万円(2019年3月末現在)
設立:2006年6月14日
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第258号
加入団体:一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号、一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02639

【リスク警告】
外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場 の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元 本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様 が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが 受取りから支払いに転じることもあります。相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広 くなったり、意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング