1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「JAL音楽チャーターフライト~音の翼がつなぐ世界~」JALと東京交響楽団が成田発着周遊チャーターを実施します~プロヴァイオリニストが機内にて生演奏を披露します~

PR TIMES / 2021年9月10日 17時45分

 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)、公益財団法人東京交響楽団(本部:東京都新宿区、理事長:澤田 秀雄、以下「東京交響楽団」)、株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、社長:江利川 宗光、以下「ジャルパック」)は、10月23日(土)に、「JAL音楽チャーターフライト~音の翼がつなぐ世界~」と題し、機内でのクラシック音楽の生演奏をメインコンテンツとした成田発着周遊チャーターを実施します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3269/543/resize/d3269-543-1daa7fbb43b53bb7baf7-0.jpg ]

 新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、「今だからこそできる新たな旅、音楽」を提供したいとの想いから、このたび、三者の共創により、機内や空港にてさまざまな形で「音楽」をお楽みいただける周遊チャーターを実施します。
 地上と上空での音色の違いを楽しんでいただくために、まずは出発前の空港内にて、ヴァイオリンによるプレコンサートを実施、その後は機内にて、ヴァイオリニストによるクラシック楽曲解説やQAコーナー、そして上空1万メートルでの生演奏を披露します。そのほか、客室乗務員による機内でのヴァイオリンの演奏に加えて、国際線JALファーストクラスで人気のオリジナルショコラのご提供や本チャーター限定のグッズのお渡しなども予定しています。
 依然、世界との往来に制限がかかる状況下で、JAL・東京交響楽団・ジャルパックは、音楽と飛行機の力を掛け合わせた「新しい旅」を提供することで、お客さまの心を満たす時間をお届けします。

 なお、空港・機内においては新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、お客さまとともに常に衛生的で清潔な環境をつくり、安全で安心いただける楽しいひとときを提供してまいります。


「JAL音楽チャーターフライト~音の翼がつなぐ世界~」概要


[画像2: https://prtimes.jp/i/3269/543/resize/d3269-543-6d16d516491dfe6c7506-1.jpg ]

出発日:2021年10月23日(土)
時間:東京(成田)15:00発 東京(成田)18:30着予定
機材:ボーイング767-300ER型機(A44)
実施内容:東京交響楽団ヴァイオリニストによる楽曲解説・QAコーナー、空港・機内での演奏、お飲み物(ノンアルコール)・オリジナルショコラのご提供 など
※機内食のご提供はございません。
申込受付期間:
2021年9月10日(金)14時~9月13日(月)23時59分(日本時間)
※9月14日以降はキャンセル待ち受付を予定
旅行代金(1名様あたり):
ビジネスクラス  窓側:64,000円 通路側:56,000円
エコノミークラス 窓側:(2席2名利用時1名)35,000円、(2席1名利用)62,000円、中央席:25,000円
※エコノミークラス窓側は翼の上や非常口座席となる場合がございます。
専用サイト: https://www.jal.co.jp/domtour/kat/charter_music/ ※受付開始よりご覧いただけます。


公益財団法人東京交響楽団とは

1946年、第二次世界大戦によって中断された音楽文化の再建と、新しい舞台音楽の公演を目標に「東宝交響楽団」として創立。1951年に「東京交響楽団」に改称。外来音楽家が珍しかった1950年代から世界的な演奏家と数多く共演し、聴衆を魅了してきた。伝統的なクラシック音楽の演奏はもちろん、日本酒利き酒師や靴磨き職人とのコラボ企画等、“新しいクラシック音楽”の創造にも挑戦している。

当日の奏者(予定)
[画像3: https://prtimes.jp/i/3269/543/resize/d3269-543-c7d8982ac4c7c19f785c-2.jpg ]

東京交響楽団
アシスタント・コンサートマスター
廣岡 克隆
Yoshitaka Hirooka

[画像4: https://prtimes.jp/i/3269/543/resize/d3269-543-b7ac9047f513beb90837-3.jpg ]

東京交響楽団
ヴァイオリン奏者
土屋 杏子
Kyoko Tsuchiya


JALと東京交響楽団による共創

 JALの社内ベンチャーチーム「W-PIT」(*)に所属し、「音楽」から新たな事業創造を目指す社員が、コロナ禍においても動画配信などあらゆる手段を用い、不屈の精神で音楽の火を灯し続ける東京交響楽団の取り組みに感銘を受け、共創を打診。飛行機と音楽を愛する気持ちを発端に、「旅と音楽を絶やしたくない」「旅と音楽が融合することで、新しい感動を生み出すのでは」と考え、周遊チャーターフライトと掛け合わせることで、今回の共創の実現に至った。

[画像5: https://prtimes.jp/i/3269/543/resize/d3269-543-f6f6f79e5fb3020ded15-7.jpg ]


(*)「W-PIT」とは、Wakuwakuをキーコンセプトに、異業種共創を通じて新たな価値創造に挑戦するJAL公認の社内ベンチャーチーム。Wakuwaku-Platform Innovation Teamの略。2017 年に設立し、JALグループ全体から現在約140名の社員が集う。
W-PIT 公式サイト: https://wpit-official.themedia.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング