「関ジャム 完全燃SHOW」出演で大反響!身近にある生活音が創り出す新しいビートとグルーヴ。Matt Cabが企画する『PLAYSOUND』が、様々な団体や企業を巻き込んだプロジェクトとして本格始動!

PR TIMES / 2020年10月6日 8時45分



[画像1: https://prtimes.jp/i/11969/546/resize/d11969-546-801384-0.jpg ]

音楽プロデューサーのMatt Cabが日常にある様々な音をサンプリングして新たな楽曲を作り出す企画『PLAYSOUND』。子供のオモチャから出る効果音、電車の駅の構内放送や車内の騒音、自宅の鍵を閉める音、床屋でのバリカンやハサミで髪を切る音まで、身の回りにある普段は気にも留めないような音をサンプリングして新しいビートを作ってきた。
それを自身のSNSにアップしたところ、そのビート上にニューヨークで活動するバイリンガルラッパーのMIYACHIがラップをしたことがキッカケとなり、SNSで「ずっと聴いていたい」「リリースしてほしい」など、国内だけでなく海外でも大きな反響を呼んでいる。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11969/546/resize/d11969-546-733147-1.jpg ]

■Official Instagram■
@playsoundproject  https://www.instagram.com/playsoundproject/
[画像3: https://prtimes.jp/i/11969/546/resize/d11969-546-304693-2.jpg ]

最近ではTOYOTAとタッグを組んで、カスタムされたハイエースの中でビートを作る「HIACE STUDIO」なども大きな話題となったが、そんな『PLAYSOUND』が次に注目したのは”動物”!!
世界の危機的状況下で動物と触れ合えない子供たちを楽しませたいという思いから、動物たちの鳴き声をサンプリングしてビートを制作。様々な動物の鳴き声が重なり合うビートは大自然の雄大さを感じさせながらも、独特のグルーヴ感がどこか都会的な雰囲気も感じさせ、さながら”アニマルディスコ”に来たような、楽しい気分にさせてくれる。
[画像4: https://prtimes.jp/i/11969/546/resize/d11969-546-778367-3.jpg ]

「SAVE THE ANIMALS」と題した、『PLAYSOUND』の最新楽曲が、SNSだけでなく初めて販売されることが決定!!なお、楽曲売上の一部はチャリティーとして、昨今の影響を受けている野生動物の保護や支援のために、WWFジャパンへ寄付されることになっている。

このアニマルディスコのグルーヴの中で、あなたはいくつの動物の声を発見出来るか!?様々な角度で「PLAYSOUND」を楽しんでほしい。

■プロフィール■
[画像5: https://prtimes.jp/i/11969/546/resize/d11969-546-634605-4.jpg ]

サンフランシスコ出身、日本で活動するプロデューサーMatt Cab。
英語で歌うJ-POPカバー動画がYouTubeで話題となり、2010年に1st Album『The One』をリリース。2013年にはWARNER MUSICより『ONGAKU』でメジャーデビューするなど透き通った歌声を武器にシンガーとして活動。代表曲の「LOVE STORY」は今でもブライダルソングとして毎年チャートインするなど、iTunes R&Bチャートでは1位を合計7度も獲得するなど確固たる地位を確立。
近年はプロデューサーとして積極的に活動しており、BTS、JP THE WAVY、CRAZYBOY、YOSHI、Crystal Kay feat . 安室奈美恵「REVOLUTION」、和田アキ子『WADASOUL』、RADWIMPS『天気の子 Complete Version』英訳等、抜群の音楽センスと独特なグルーブ感のサウンドで、HIPHOP/R&Bだけでなく幅広いジャンルのアーティストへ楽曲を提供している。
YouTube Music Awardsの「世界のクリエイター50人」に日本から唯一選出され、ニューヨークで開催されたアワードにも出演。2020年には、アリシア・キースが全世界で開催したリミックス・コンテストでグランプリを獲得し、アリシア本人からクラミー賞に招待されるなど、活躍の場を世界に拡げた。
”PLAY SOUND”と名付けた自身のニュープロジェクトでは、街に溢れる音やアニメの効果音をサンプリングしてビートを新たに構築!!TikTokなどSNSで投稿すると大きなBUZZを生み出し話題となっている。
今後より一層活躍の場を拡げたMatt Cabの唯一無二の音楽に注目が集まる。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング