今どきのママパパや大人女子必見の新サービス「おしゃれ年賀状OHAGAKI」をリリース 動画で作れる「ムービー年賀状」機能搭載のアプリも登場

PR TIMES / 2014年12月9日 12時44分



インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びパートナー出版事業、デジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、12月5日、2015年用年賀状づくりに向けた新サービス「おしゃれ年賀状OHAGAKI」の提供を開始しました。主に若いファミリーや女性向けのおしゃれな年賀状デザインをWebサイトとスマホアプリで提供しており、デザインのダウンロードや印刷注文など、ユーザーのスタイルに合わせて選べる年賀状づくりが可能です。
株式会社インプレスは、今後もパソコン年賀状素材集のパイオニアとして、さまざまなプラットフォームでお客様に年賀状づくりを楽しんでいただける製品を開発してまいります。


10月30日に先行オープンしたWebサイト(http://nenga.impress.co.jp/)では、主にパソコンのユーザー向けに、人気クリエイターが制作した300種類以上の年賀状デザインを提供しており、ユーザーがダウンロードまたは印刷注文を選んで購入できます。「写真入り/写真なし」や「かわいい/和風/スタイリッシュ/かっちり」など好みのテイストで絞り込んでデザインを選ぶことができ、年賀状の他、寒中見舞いやクリスマスカード、喪中欠礼なども取り扱っています。ダウンロード価格は1点800円~1000円(税別)で、直販サイトで購入とダウンロードが行えます。印刷注文は株式会社CONNECTITが運営する「ネットで年賀状」で申し込みが可能で、本サイトからのみ注文可能な限定デザインとなっています。


スマホ、タブレットからはiOS、Androidに対応したアプリを利用できます。厳選した約60種類のテンプレートを収録しており、端末内の写真を合成、文字の移動や削除、スタンプ、らくがき、画像補正など基本的な編集機能を備えています。特徴的な機能として、写真をフリック操作で変更できる「フリックチェンジ」機能を搭載し、端末内の写真を次々に表示させて選ぶといった使い方が可能です。作成した年賀状は、「ネットで年賀状」での印刷注文の他、印刷アプリやメール、SNSアプリなどに画像を送って利用することができます。
また、「ムービー」カテゴリーには、アプリ限定の動画フレームデザイン5種を収録しており、端末内の動画から6秒間を切り出して合成することができます(AndroidはOS4.3以上の端末に対応)。動画ファイルはmp4形式で保存でき、対応する端末やアプリで再生が可能です。祖父母向けに孫の動画を送ったり、年明けの瞬間を友人同士で送り合ったりと「ムービー年賀状」を楽しめます。
価格はiOS、Androidともに400円で、App Store、Google Playなどの各アプリストアで購入できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング