格安SIMカードの認知度は半年で約4ポイント増の31.3%、 利用率は1ポイント増の5.8% ~格安SIMカード利用に関する調査結果~

PR TIMES / 2014年12月24日 13時9分



インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びパートナー出版事業、デジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、NTTコム リサーチ(NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社)と共同で、MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMカードに関する調査を実施し、その調査結果を発表いたします。

スマートフォンなどのモバイル機器のデータ通信料金を節約できるとして注目が集まっているMVNOの格安SIMカードですが、容量の増設などのプラン内容向上やSIMフリー端末とのセットプランの登場、大手事業者の参入が相つぐなど、活況を呈しています。インプレス総合研究所は2014年6月にも同テーマでの調査を実施しており、この半年の変化を中心に発表します。

■格安SIMカードの認知度は半年で約4ポイント増の31.3%、利用率は1ポイント増の5.8%
格安SIMカードの認知度は、「よく知っている/人に説明できる」が8.1%、「だいたい知っている」が23.2%となり、両者を合わせた認知度は31.3%となりました。2014年6月からは3.9ポイント増加しています。「現在利用している」との回答は5.8%となり同じく1.0ポイントの増加。格安SIMの利用者は限定的ではありますが、認知度、利用率ともに着実に増加しています。
性年代別に見ると、男性30代~40代での認知度が5割を超えており、利用率も男性30代が12.4%で最も高く、男性40代が10.9%で続いています。

■格安SIM利用者の4割は過去に携帯電話会社との契約で利用していた端末を使用
格安SIMカードの利用者に利用状況を聞いたところ、格安SIMカードを挿して利用している端末は、「スマートフォン(Android)」が64%と高く、以下、「iPhone」、「モバイルWi-Fiルーター」と続いています。また、利用している端末の購入は、「過去に携帯電話会社との契約で利用していた端末」が38%で最も高く、「SIMフリーの端末を新規に購入」が31%で続きます。
一方、格安SIMカード利用者が普段持ち歩いている端末をみると「スマホ・フィーチャーフォン」の組み合わせが33%で最も高く、通話用とデータ通信用の端末を分けていると考えられます。その他、「単一のスマートフォン」が20%、「複数のスマホ・タブレット」が11%と続きます。調査対象者全体の数値を比較すると大きな違いが見られます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング