デジタルハリウッドの産学協同プログラムにおいて「デジタル・フロンティア」とのJOBトレーニングプログラムをスタート

PR TIMES / 2012年12月6日 18時13分

モーションキャプチャーの撮影実習とモーションビルダーによる実践的なアニメーション技術の習得を実施します



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]は、スクール設立当初よりコンセプトとしてきた「実践的産学協同」を推進し、「求人」や「カリキュラムの共同開発」、「在校生・卒業生によるインターンシップ・OJT」などを実施してまいりましたが、この度、株式会社デジタル・フロンティア(本校/本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植木英則 以下デジタル・フロンティア)の協力のもと、より実務に即した「JOBトレーニング」を導入いたします。

 高度な機材の運用スキルや実務ワークフローの習得を、より実践的な学習へと発展させるため、「JOBトレーニング」としてデジタル・フロンティアの社内にて高水準の実務スキル、作品演出の指導をいただくことになりました。
 従来のインターンシップではなく、CG業界全般に広く適応できる即戦力人材の育成を目的としています。

 今期導入する「JOBトレーニング」は、デジタル・フロンティアがお台場に所有するアジア最大規模のモーションキャプチャースタジオ「オパキス」(http://www.dfx.co.jp/motioncapture/index.php)での撮影実習とモーションビルダーによる実践的なアニメーション技術の習得です。

 この授業により、分業化が進むCG業界全体における専門職としての雇用促進に、更には今後もより高度な技術と革新的な産学協同プログラムの導入を目指してまいります。


【本科 3DCG映像アーティスト専攻】
今回、「JOBトレーニング」を授業に導入する当スクールのコース、【本科3DCG映像アーティスト専攻】は、
「世界標準」「発想展開力」「発信力」を掲げ、世界レベルのCG、VFXアーティストを育成する本格的なコースで、
来春には第二期の卒業生を輩出いたします。

http://school.dhw.co.jp/course/design/dca/


【デジタル・フロンティアJOBトレーニング講師陣】

今辻 勇人氏

CG制作部 アニメーター (メイン講師を担当)
2006年に入社。「EXMACHINA」(2007)、「Metal Gear Solid 4」(2008)、
「biohazard Degeneration」(2008)、「鉄拳BloodVengeance」(2011)、
「biohazard Damnation 」(2012)等に、アニメーターとして携わる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング