矢野顕子主演映画、公開初日1月6日(金)から個性的なゲストが4日連続登壇決定!

PR TIMES / 2016年12月27日 16時55分

映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』[2017デジタル・リマスター版]

矢野顕子が主演する映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』[2017デジタル・リマスター版]の公開初日1月6日(金)から9日(月・祝)までの4日間、新宿バルト9にて各界から個性豊かなゲストを招いて登壇イベントが行われることになりました。



 1976年7月25日、アルバム『JAPANESE GIRL』でソロデビューした矢野顕子は、オリジナル・アルバムを含め数々の作品を世に放ち ソロワークは勿論のこと、様々なミュージシャンとのセッションも含め、長きに渡りライブ活動を行い、今年ソロデビュー40周年のアニバーサリー・イヤーを迎えました!それを記念して‘92年に公開されたドキュメンタリー・フィルム『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。~』 をデジタル・リマスタリングし、来年新春1月6日(金)より15日間限定で全国の劇場にて公開いたします。本作は‘92年の公開当時、約2万人を動員し、それまでのレイトショー記録を塗り替えて大ヒットしました。四半世紀の時を経て、いよいよ来年新春ロードショーいたします。
 この映画の公開初日1月6日(金)から9日(月・祝)までの4日間、新宿バルト9にて各界からゲストを招いて登壇イベントを行うことが決定しました。初日6日(金)は坂本美雨さん[ミュージシャン]、2日目7日(土)は、砂原良徳さん[ミュージシャン]×ユザーンさん[タブラ奏者]、3日目8日(日)は、三浦光紀さん[プロデューサー]、最終日9日(月・祝)は、平野勝之さん[映画監督]と、ジャンルを問わずバラエティに富んだ面々が劇場を訪れます。矢野顕子本人が『40年の活動の中でこの作品は、いまの自分造りの大きなターニングポイントになっていたのだなと感じる映画』と語った作品だけに、当時の鬼才・矢野顕子を、個性的な面子がどのように語るかとても興味深いところです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3481/566/resize/d3481-566-106594-0.jpg ]

 また25年前に制作されたこの映画にも出演し、矢野顕子をこの世に広めたプロデューサー三浦光紀さんが、1月13日(金)より3日間のエリア登壇ツアーを行うことも発表されました。初日13日(金)は、大阪の梅田ブルク7。2日目14日(土)は、名古屋のセンチュリーシネマと福岡のT・ジョイ博多。最終日の15日(日)は北海道のユナイテッド・シネマ札幌を訪れ、3日間で大阪・名古屋・福岡・札幌の4劇場を廻る弾丸舞台挨拶ツアーが組まれます。本作に登場し、黎明期の矢野顕子を知り、またポピュラー音楽史に残る数々の名盤を世に放ち続けた氏ならではの解釈を直に聴くことができるまたとないチャンス。これは絶対見逃せません!1月6日(金)からの4日間連続新宿バルト9のイベント概要やチケット発売等の詳細情報は、映画公式サイト(http://www.110107.com/yanoeiga)まで。
================
坂本美雨[ミュージシャン]のコメント
 音楽に限った話ではなく、どんな仕事に携わっていても、この映画における彼女の姿勢には学ぶべきものが多いと思う。『これだけのことができているだろうか?』と自分に問いかけずにいられなくなる。だから怠け気味のときには観たくなるかもしれない。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング