心に残る思い出の「卒業ソング」を発表!1位に輝いたのは?~『CD&DLでーた』発表~

PR TIMES / 2014年3月12日 12時26分

エンターブレイン ブランドカンパニー

3月の卒業シーズンにあわせ、心に残る思い出の「卒業ソング」ランキングを発表!



旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』(編集長:松林大介)は、3月の卒業シーズンにあわせ、10~60代の男女を対象とした、心に残る思い出の「卒業ソング」ランキングを発表します。(調査期間:2014年2月3日~2月4日)

●心に残る思い出の「卒業ソング」 総合ランキングTOP20
設問:あなたの心に残る思い出の「卒業ソング」のタイトルを教えてください。
(曲名とアーティスト名、またその理由やエピソードもあわせて教えてください。)

有効回答者数 n=4250人

順位:曲名/アーティスト名
1位:卒業写真/荒井由実
2位:贈る言葉/海援隊
3位:仰げば尊し/(唱歌)
4位:卒業/斉藤由貴
5位:卒業/尾崎豊
6位:蛍の光/(唱歌)
7位:旅立ちの日に/(唱歌)
8位:3月9日/レミオロメン
9位:my graduation/SPEED
10位:さくら/森山直太朗
11位:乾杯/長渕剛
11位:制服/松田聖子
13位:春なのに/柏原芳恵
14位:なごり雪/イルカ
15位:サウンド・オブ・サイレンス/サイモン&ガーファンクル
16位:高校三年生/舟木一夫
17位:卒業-GRADUATION-/菊池桃子
18位:想い出がいっぱい/H2O
19位:道/EXILE
19位:翼をください/赤い鳥


【今回の調査結果について】

3月の卒業シーズンを迎えたこの時期、様々な場所で話題となる「卒業ソング」。
『CD&DLでーた』では、10~60代の男女を対象とした、心に残る思い出の「卒業ソング」を調査しました。

今回の発表は“総合ランキング”となります。調査では“世代別”、“性別”などセグメントを分けた集計も行いましたが、どの世代においても、そして性別をまたいでも、ランキング結果にはほとんど差がないということがわかりました。

「卒業」という儀式は、人生のある時期に、一律誰でも体験するものであるということ。「卒業」をテーマとして発表された音楽作品は、世代を超えて親から子へ歌い継がれ、いつまでも色あせないのではないかということ。こういった理由から、“心に残る思い出の「卒業ソング」は?”という設問に対する答えが、世代性別を超えて近しいものになったのではないでしょうか。

ランキングの中で最も票が集まったのは、「卒業写真」(荒井由実/1位)です。
“世代を超えて愛される「卒業ソング」”、“制服を着なくなってからこの曲を聴くと制服を着て登下校していた頃のことをいろいろ思い出す”といった調査対象者のコメントに表れているとおり、たくさんの人たちの思い出と深く結びついている曲だということがうかがえます。
松任谷(荒井)由実さんは、11位にランクインした「制服」(松田聖子)の作曲も手掛けており、「卒業ソング」製作の第一人者であるといえるのかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング