2020年時計屋大賞(11月10日発表)にてZEPPELINが2年連続受賞の快挙!!

PR TIMES / 2020年11月10日 18時15分

時計店スタッフ200人による投票によってタイムレス部門で銀賞に選出されました!

株式会社ウエニ貿易(本社:東京都台東区、代表取締役社長:宮上光弘)が日本総代理店を務める「ZEPPELIN(ツェッペリン)」は、昨年の第1回時計屋大賞のドイツ部門銀賞に続き、2020年時計屋大賞のタイムレス部門で100周年記念モデルの7680-1Nが銀賞を受賞しました。




【タイムレス部門】銀賞 7680-1N

[画像1: https://prtimes.jp/i/25284/568/resize/d25284-568-633075-0.jpg ]

【受賞理由】
『長い間愛される』というのは、癒しや感動を与え、ひとの記憶に残るからこそのこと。ZEPPELINのブランドシンボルの硬式飛行船を思い出させる独特な文字盤デザインは圧倒されて記憶に残り、品質にこだわりを持って作られているのもドイツ式時計らしさがあって愛着が沸く。これらの特徴が変わることなく、これからも長く愛される時計ではないかと思うため。
【商品紹介】
ドイツが誇る1900年にツェッペリン伯爵がドイツで開発したツェッペリン飛行船第一号機「LZ1」をモチーフにした代表シリーズ。大空を自由に飛ぶ事が人々のかけがえのない夢であった時代、飛行船開発に傾注したツェッペリン伯爵はLZ1の開発を成功させました。巨大な飛行船は南ドイツの美しいボーデン湖畔のフリードリヒスハーフェンの大空を飛行。ツェッペリンの名前は一躍有名になりました。
飛行船の機体をイメージし、ガラスとダイヤル、更にはケースまで、柔らかなアーチを描くように設計されています。ドームガラスは立体的な高級感を演出し、光の角度によって見る度に異なる表情を楽しませてくれます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25284/568/resize/d25284-568-483082-2.jpg ]

「ZEPPELIN」とは
飛行船をモチーフにしたクオリティ第一主義のドイツ製時計
1987年にドイツ・ミュンヘンで創業したウォッチブランド。
ドイツが誇る飛行船 Zeppelin号をイメージしたクラシカルなデザインと、
ドイツ式時計らしいクオリティ第一主義が融合したブランドです。
現在ではドイツをはじめヨーロッパやアメリカなど世界30か国で販売されています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25284/568/resize/d25284-568-561334-1.jpg ]

1.飛行船をイメージしたクラシカルなデザイン
飛行船の機体をイメージし、ガラスとダイヤルは柔らかなアーチを描くように設計されています。また、全シリーズが古典的かつ普及の人気を誇るパイロットウォッチをデザインしています。
2.品質・基本性能にこだわったクオリティ
「ドイツ製の腕時計において、この品質と価格帯を維持できるのはツェッペリンだけ」
と評されるほどのクオリティとコストパフォーマンスを誇っています。
3.多様なスタイルに調和
ZEPPELINの時計はスーツからオフィスカジュアル、モードからライダース等、様々なスタイルに合わせやすい事が魅力と言われています。
オンオフ問わず重宝できる、ドレッシーなタイムピースです。


「時計屋大賞」とは
『時計屋大賞』は、2019年にスタートした「腕時計の楽しさ・おもしろさ」を多くの方に知って頂くことを目的としたファッションウォッチのアワードです。
ユーザーでも専門家でもない、両方の知見を持つ複数の“時計屋”のショップスタッフ約200名が、その年の世相を反映したテーマ毎にノミネートされた腕時計に投票し、優れた腕時計を年に一回表彰します。
第2回目となる今年のテーマは、コロナ禍で暗くなりがちな世の中を腕元から明るくする「ポジティブ時計」です。着けるだけでポジティブになれるような腕時計を、服装心理学の知見から1.ストレスフリー部門、2.リバイバル部門、3.リラックス部門、4.タイムレス映え部門、5.エネルギーアップ部門、6.オンライン映え部門 という6つの特徴的なカテゴリーに分けて表彰いたします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング