株式会社インプレスホールディングス年頭所感

PR TIMES / 2015年1月5日 12時11分

新年明けましておめでとうございます。平素は、インプレスグループ各社に格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

昨年7月、IT分野で事業を手掛ける4社を統合し新生「インプレス」をスタートするなど、インプレスグループは新たな体制に移行しました。また11月には、これまで分散していた事業拠点を神田神保町に統合し、業態転換を目指した抜本的な構造改革を進めております。これらの施策により、益々加速していくメディア環境の変化からチャンスを掴み取り、成長していく礎を築いていく所存です。

2014年度上半期業績は、電子出版やイベント・セミナーといった新メディアの売上が伸び、また主力のIT分野をはじめとしてデジタル広告が順調に推移したものの、出版販売や国内向け受託制作の売上が減少し、減収となりました。一方で、構造改革等の成果が出始め、生産性と収益性が改善したため、経常黒字に転換いたしました。

特に電子出版においては、紙の書籍・雑誌の電子版が伸長しただけでなく、PODを活用したNext Publishingや、スマートフォン向け電子書籍シリーズimpress QuickBooksなど“デジタル・ファーストの電子出版”という新しいマーケットを創出することができました。これらのシリーズでは、電子出版というイノベーションを活用し、これまで紙の書籍では実現できなかった多種多様なコンテンツを発行しており、そこでは職業的著者・ライター・写真家など創作のプロフェッショナルに限らず、多くの個人や法人も“出版”に取り組める環境を提供しております。

また、それぞれの専門分野にマッチした複数のWebサービスも開始し、今後成長が期待される新事業に着実な歩みを刻むことができました。IT分野では、できるシリーズのノウハウを転用しパソコンやスマートフォンの使い方をWeb上で解説した「できるネット」を、音楽分野では、国内最大級の楽器専門検索サイト“デジマート”にて新サービス「デジマート決済」を導入し、また山岳・自然分野では、登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」と山岳アクティビティを扱う新メディア「MtSN」を、それぞれサービスインしております。また、身近系happy共有サイト「gooppy」を立ち上げ、女性向けサービス分野にも参入いたしました。

私たちは、IT、音楽、デザイン、山岳・自然、モバイルサービスなどそれぞれの専門分野において、読者・ユーザーの皆さまに豊かで深いメディア体験を提供し、知識・知恵と感動を共有していきたい、また、創作を志す皆さまに様々なメディア手法を提供し、知識・知恵と感動の媒介者になっていきたい、と願っております。そして、こういった企業活動によって、それぞれの業界の健全な発展に貢献していきたいと考えております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング